サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

千原ジュニアの芸人愛溢れる名言集!鋭すぎる洞察力で本質を見抜く

千原ジュニアは、トークの巧さはもちろん、その観察眼や洞察力などにも独特の才能を持っていると思います。

そんな千原ジュニアが、同じ芸人たちを語る言葉には、ひと味違った視点や洞察、そして深い愛やリスペクトがあり、とても興味深いものが感じられます。

ここでは笑いのカリスマ・千原ジュニアが、その独自の視点から芸人について語った言葉をまとめてみました。

千原ジュニアの語った芸人論まとめ

千鳥・サンドウィッチマン・三四郎

千鳥・サンドウィッチマン・三四郎がMCを務める『イッテンモノ』の最終回に千原ジュニアが登場。「千原ジュニアがなんでも答える」というトークテーマで、MCたちがそれぞれ千原ジュニアに一番訊きたかったことを尋ねる流れに。それに対して千原ジュニアが包み隠さず本音を語ったことで、番組屈指の神回に。

伊達:今日アレですか、ジュニアさん、なんでも答えてくださるということで。

ジュニア:もちろんです、もちろんです。

伊達:じゃ、いいですか? いつもお世話になってます。

ジュニア:ありがとうございます。

伊達:ジュニアさんの、…好きな、食べ物は?

ジュニア:誰が訊きたいねん!(笑)

伊達:徐々に、徐々に(笑)

ジュニア:なにかひとつって言われたら、ケンタッキーのコールスローです(笑)

伊達:美味しい、たしかに(笑)

ノブ:お笑いの話とかあるでしょ!

大悟:ホンマにガチで言うたら、最近「おっ!」て思った若手芸人。これ訊きたいですね。

ジュニア:まあもちろん今みんなね、いろんなタイプいてるけど、えー、ロングコートダディとか。

ノブ:あーっ! 知ってます?

ジュニア:はい。

大悟:今テレビの前で「(直立不動の姿勢で)ハイーッ!!」(笑)

ノブ:大阪のコント師なんですよ。漫才もするんですけど。まだほとんどテレビには出てない。

大悟:まだあんまりネタは見たことないぐらい。

ノブ:なんでジュニアさん見てんですか?

ジュニア:結構、取り寄せて見たりするんで。

ノブ:ええーっ!

大悟:取り寄せるな(笑)

ジュニア:あと、大自然とか。蛙亭も面白いし。

ノブ:ネタがっていうことですか?

ジュニア:まあ、いろんな面白さあるよねえ。それで言うとね、僕いろいろ思てんすよ。千鳥なんかは、ホントに数少ない、1回もウソつかずに売れた稀有なコンビやと思てます、おれは。

ノブ:ええーっ。

大悟:何回も放送してください(笑)

ジュニア:やっぱりどっかね、ウソということじゃないけど、フワっとしてまう時期ってあるんですよ。くっきーと千鳥は、来年のNSC(よしもとの養成所)の生徒が増えたら、それ全部、くっきーと千鳥のおかげやと思いますね(会場拍手)

伊達:凄いこと言われてるよ。

ノブ:あー、嬉しいなあ。ちょっと泣きそう(笑)

ジュニア: 5対5のコンビって数えるぐらいしかいない。やっぱりパワー・バランスが、コンビによって7対3とか、いろいろあるでしょ。それぞれ面白いけどやっぱりこう、掛けたときに、4対6は24やし、25MAX出るのは5対5ちゃうかなと思うねん。

ノブ:あーっ、5×5=25で。

ジュニア:それが、ここに2組いるっていうね。サンドウィッチマンもそうなんすよ。

伊達・富澤:あざっーす!(立ち上がって深々とお辞儀)

ジュニア:三四郎は、今は小宮がちょっと出てる感じがあって、7:3とか、6:4ぐらいに見えてる人もいるかもわかりませんけど、この中でいちばん怖いのはあいつやで(相田を指さす)

全員:(笑)

ジュニア:こいつは怖いよ。8×7みたいなことになりかねないから(笑)

小宮:これは嬉しい(笑)

大悟:だって前々々回の収録の後かな、ほぼ一言もしゃべらずにこれ終わりでメシいったら、ワシよりメシ食うたから(笑)

相田:お腹ペコペコでした(笑)

大悟:ノドが開いてんだもん(笑)

ジュニア:並木橋降りていく手前の左手に喫茶店あんねん。入ったら、「あれ? 奥行こんなあんの?」ていう感じ(相田を指す)

大悟:パッと見は小っちゃいけど。

相田:……(感無量の表情)

伊達:めちゃくちゃ嬉しいよね。

ジュニア:みなさんね、あんまりご存知ないと思いますけどね、伊達君の凄いのはね、絶対にまず名前を言うんですよ、その人の。今日でもそう、毎回ですけど、楽屋にあいさつ来てくれても、「ジュニアさん、今日よろしくお願いします」

ノブ:あーっ。

ジュニア:絶対名前言うんすよ。誰であっても、絶対名前言ってから入るんすよ。

ノブ:言う! 後輩にも言います。

ジュニア:これ、おんなじことをやってるのが、矢沢永吉さんなんですよ。

ノブ:マジですか!?

伊達:(笑)

ジュニア:漫才中、ここや! と思うとこでタオル投げたほうがいい(笑)

ノブ:永ちゃんですよ(笑)ていうか、見てますねぇ、ジュニアさん。

伊達:見てる、ホントに。

ノブ:こんだけ見てるからやっぱり後輩はね…。

大悟:下手なことはできない(笑)

ジュニア:そんな中、おれもそうやってピキーンてされるより、こうフワッとで来てもらった方がいいやん。こいつ(小宮を指す)はもう完全におれのことナメきってますからね。

小宮:いやいやいや、ナメてないです(笑)

ジュニア:だから、メチャクチャやりやすいねん。

ノブ:やりやすいんですか?

ジュニア:メチャクチャやりやすい。完全おれのことバカにしてるから。

小宮:全然、してない! 逆に今日なんか怒られたんですけど、楽屋にはいるとき、大きな声で入ってくる人が嫌だってなんかテレビで見たんですよ。だからそれはやめようと思って、メチャクチヤ小っちゃい声で「すいませ~ん」って入ったら、「声出せや!」って怒られたんです(笑)

相田:しかも、ノー・ノックで入ったんですよ。

ジュニア:完全にナメてるから(笑)

ジャックナイフ伝説の真相

富澤:尖ってた時代、ジャックナイフって言われてたわけじゃないですか。どういうつもりだったんです?(笑)

ジュニア:それは、それこそ東京になんか変な感じで、マジの感じで流れただけで、最初は大阪で今田さんとか東野さんが、「おまえ、トンがってんなあ。お! ジャックナイフ芸人!」みたいな、ボケで言うてはったのが、なんかこう東京に「なんか大阪に、ジャックナイフ持ち歩いてる芸人がいるがいるらしいよ。スベったら刺すらしいよ」って伝わって(笑)そこで初めて、出川さんが「ヤバいよ! ヤバいよ!」って言ったっていう。

伊達:ええーっ(笑)

大悟:若い頃の話で聞いたのは、こういう収録中の、サブ(コントロール室)って上に、2丁目劇場のそこで収録してるとき、生放送中かなんかにサブ上がってって殴ったりとか。

全員:ええーっ。

伊達:サブ殴り!?

ジュニア:アホか(笑)メチャメチャ話でかなってるやん。殴ったことないで、人なんか。

ノブ:あ、そうなんですか!

ジュニア:2丁目劇場の構造知ってるか? サブなんかどんだけ回らなあかんか(笑)

大悟:でも今の目を見たら「それ以上言うなよ」って(笑)

ジュニア:ちがうって(笑)なんでも言うたらええねんけど。

東京の笑い

伊達:東の笑いっていうのは当時どういうふうに見てたのかな、と。

ジュニア:あー、おれらが(東京に)来た頃は『ボキャブラ天国』がすっごい大ブームで。

伊達:同世代ですよね? ボキャブラのメンバーって。

ジュニア:そうそう、ネプチューンさんがちょっと上とか。でも当時はバラエティっていうよりはネタ番組やったから、どっちがオモロいねんみたいな感じで、全員が。

伊達:あー、なるほど。

ジュニア:うん、今懐かしのとかで見たら、それこそ全員目ぇ縦やで(笑)

大悟:みんな(笑)日村さんとかも?

ジュニア:そうそう。設楽君なんかもう。有田君とか、みんな。ほんでやっとこうバラエティで一緒になって、こう共同作業で笑いを作っていくねや、ていうのがわかってきて、みんなこうやって仲良くやっていったんです。

ジュニアが緊張する人

ノブ:ジュニアさんが逆に緊張する人は誰なんですか。

ジュニア:板尾さん。

全員:へえーっ。

ジュニア:おれが15のときに、ホンマにずーっと、ごはん食べさせてもらったり、勝手におれの中で師匠みたいなところがあって、今だに板尾さんの前ではちょっとこう(緊張する)。

伊達:そうなんですか。

ジュニア:板尾さんから「芸人」というものを教えてもらったし、松本さんから「笑い」っていうものを教えてもらったし、今田さんからは「テレビ」っていうものを教えてもらったし、東野さんから麻布十番のおいしい居酒屋を教えてもらいました(笑)

大悟:居酒屋だけ?(笑)

ノブ:もっとあるでしょ(笑)

ジュニア:あ、あとフグ屋さんも教えてもらった(笑)

兄・せいじ

ノブ:せいじさんと仲いいですよね、ジュニアさん。やっぱりいろんなことを経てですか。

ジュニア:まあまあ、ねえ。やっぱりどっかに、兄弟やねん。脳とかハートで考える愛とかじゃなくて、細胞、遺伝子で、兄弟やなっていうときある。

大悟:でもそうじゃないと、僕の知ってるジュニアさんの嫌いなタイプ、声のトーンを間違えてるとか、すべてをやってるのは、せいじさんや(笑)

全員:(笑)

大悟:ホンマこれぐらいの距離で、「なあ、大悟―っ!!」(笑)

ジュニア:こないだもちょっと、お酒の席で、スタッフさんなんかもいて、せいじはいーひんのやけど。そんときにたまたませいじがなんでか知らんけど(レスリングの)栄監督と試合観戦してるのが映って、「なにしてんねん、こいつ!」みたいなニュースになった時期があったんですけど、ある番組のスタッフさんが結構酔っ払って、「ジュニアさん、せいじさんてあれ、イタいんすか?」って言ったわけよ。

伊達:はい(笑)

ジュニア:「ねえー」とかっておれの脳では返そうと思ってんけど、「え? 誰に言うてんねん!」て。

ノブ:ええーっ。

ジュニア:おれが言うのはええけど、「おまえ、せいじの何知ってんねん!」みたいな。

大悟:血が言わしちゃうんだ。

ジュニア:そう、そんで「あっ」(手で口を押える)みたいな。そんときに「あっ」て思うね。兄弟やーって。(同じ血が)流れてるー、流れてしまっている―(笑)

大悟:かゆいー(笑)

人生で最もスベった瞬間

相田:ジュニアさんて、スベった事ってあるんですか?

ノブ:あーっ、聞きたい!

ジュニア:ありますよ、何回でもありますよ。

小宮:1番スベったのはなんですか?

ジュニア:1番スベったのは、映画の完成披露試写会かなんかの舞台挨拶で。キム・ユンジンさんていう韓国のキレイな女優さんで、おれ。

大悟:順番がね。

ジュニア:そう。「(片言で)ドーモ、コンニチワ、キム・ユンジン、デス」って言って、そっから韓国語で、あいさつしはるわけ。「おおー、こんなごっつぁんゴール頂いてええの?」って(笑)使わんわけないやん!

大悟:そらそうでしょ(笑)

ジュニア:「お笑い芸人でもあられます、千原ジュニアさん、ご挨拶をお願いします!」「ドーモ、コン…」これね、食い気味でスベった(笑)

全員:(爆笑)

ジュニア:「ドーモ、コン…にちは、千原ジュニアです」って普通に戻して(笑)

大悟:スベりが先に来た(笑)

ジュニア:あとね、『ごっつええ感じ』が終わって、しばらくしてスペシャルみたいなのがあったんです。それが、板尾さんが即興で歌を歌うっていう「シンガー板尾」っていうのがあって、それを見守るゲストみたいな感じで座ってるわけ。ほんならこれがドッキリで、そっから全員に振られていくねん。

大悟:ガチアドリブ?

ジュニア:ガチの、ホンマのアドリブで。

伊達:うわっ。

ジュニア:もう、むちゃくちゃスベって。忘れもせえへん、その日、収録終わりで松本さんのジャガーの助手席に乗って、レインボーブリッジ渡りながらもう放心状態で。ほんでね、パッてフジテレビ見たら、ホンマにね、フジテレビが滲んでたんよ(笑)

大悟:泣いてたんや(笑)

ジュニア:「それにしてもジュニアおまえ、スベってたな」みたいなこと言われんねんけど、松本さんに。「あぁん!?」て(笑)

ノブ:絶対ダメ!(笑)

大悟:泣いてる子供や(笑)

ジュニア:3日後、風呂入ろう思てパッと見たら、背中ブッツブツ。

全員:ええーっ!?

ノブ:じんま疹!?

ジュニア:だから芸人て、ホンマにスベったら、死ぬよ(笑)

以上、引用元:『イッテンモノ(最終回)』2018年9月27日放送回

尖りまくってる所ジョージ

千原ジュニアがよく見る番組として、所ジョージの『世田谷ベース』を挙げ、所ジョージの凄さについてラジオで語る。

ジュニア:所さんのあの、爪の隠し方。凄いよね。凄い爪持ってはるのに、視聴者には一切気づかせないというかさ。「理想のお父さん像1位」とかさ。でもホントは、凄いもうトンガりまくってはるから。

それがもうめちゃくちゃ面白いねん。全部に引っかかってはんねん。

たとえばETCのカードってさ、ETCの機械を正規の付け方で付けたら絶対カードを逆に入れなあかんねん。なんでこんなことなんねん、とかさ。ずっとそんなこと言うてはる。全部に引っかかりはんねんね、やっぱり。そういう部分をさ、地上波では一切見せはらへん。もうゾクゾクすんねん。

所さんて、オシッコして手ぇ洗えへんらしいねん。おれの中でいちばん汚いのは手ぇやと。だから、トイレする前に手ぇ洗うねんて。手をきれいにして、オシッコして、っていうスタイルやねんて。ていうことにも一回疑ってはるし、たとえばピンマイクも服の中に絶対入れはらへんねん。いや、マイクついてんだから。なにをそんなに隠したいの? マイクなんだから、コード付いてんでしょ。なんでこれが見えちゃダメなの? ていうさ。いや、おれは所さんがやってはるから出来へんけど、すっげぇわかんねん。なんで「コード付いてませんよ」みたいなウソをつきたいの?

ほんであの、『笑ってコラえて』出たときに、海外のミッソーニっていうブランドのデザイナーさんに味噌煮を持って行くみたいな企画があって、ほんで90ぐらいのおじいちゃんや、ミッソーニっていう創業者のデザイナーは。90歳ですごいオシャレなジャケット着てて、VTR終わって、スタジオで「いやあジュニア君さあ、たっくさん年もらってからあんな派手なジャケット着るのカッコイイなあ」「そうですねえ」とか言って番組はなんの滞りもなく進んでいくねんけど。この人、キメたなあと思ったのは、「年を取る」って、なんでネガティヴな言い方すんねん、と。「年もらう」ってめでたいことや、「年もらう」って言うていくぞ、って決めはったんや。これがええのが、「ん?」て引っかからへんとこ。だれひとり、スタジオのだーれも、なんとも思ってなかったと思うねん。たぶんおれだけや、引っかかったの。

めちゃくちゃブッ飛んでるしね。「いやあジュニア君、おれたちの生活に時間なんて関係ねえからなあ、だから腕時計こんなんなんだよ」って言って、めちゃくちゃ高くてカッコええ、アンティークの時計の文字盤取って、その中にビスケットいれてんねん。ちょうどおんなじサイズのビスケット。いつ見たって楽しい時間や。尖ってるわあ。

芸人を調味料にたとえる

ジュニア:『アメトーーク』で、芸人を調味料にたとえるっていうのをやったんですよ。

まず味噌ね。赤味噌とか白味噌とかいろんな味噌がある日本を代表する調味料、この奥の深さ、あの重厚さは、やっぱりたけしさん。役者とか、映画監督とかいろんな顔を持ってはる。

醤油はやっぱりね、どこのテーブルにもあるというその感じ、茶の間感、さんまさん。

で、ケチャップ。子供が好きで好きで、ケチャップさえかかっとったら、結局その食材が好きなんじゃない、オムライスが好きなんじゃない、ケチャップが好きなんじゃないかぐらい。これ志村けんさん。

わさび。きれいな水が流れてるところにしかできないこの本わさび、ホンモノ感。子供のころは「なんやこれ」って意味がわかんない。でも大人になればなるほど、わさびってこんなにおいしいのや、こんなに深いのや、こんなにホンモノなんや。これ、タモリさん。

砂糖。言うたら嫌いな人いない。あのフワーッとした甘み、それこそ蟻じゃないけどみんなが寄ってくる感じ。鶴瓶師匠。

タバスコと粉チーズ。ピザとか初めて食ったときに「なんて洒落た食べもんなんやろう」って思った。これね、とんねるずの石橋さんと木梨さん。木梨さんのあのとろける感じとか。

たとえば、昔からあったのに、急に最近みんなが「これ、良くない?」って言い出した塩こうじ。「これえらいまろやかになるぞ、入れとけ入れとけとりあえず、塩こうじ入れといたらええ」、これ、ずんさん(笑)

本来この単体の調味料だけではなにもならなかったラー油ね。ピリッと感が凄すぎて、ラー油だけじゃなんにもでけへんかったのが、突然変異みたいに「食べるラー油」っててちゃんとこれがメインでいけるようになった、これが有吉。

ほんで結局、みりん。すべてをまろやかにする、すごいいい調味料。でも、実はあれお酒で、単体だと根幹がぶっといというか、みりんてあれだけやとね。みりんて、みんなまろやかにするけど、みりん自体はすげぇ尖ってる攻撃的な部分がある。これが所ジョージさんちゃうかな、と思ってる。

パンサー尾形

『千原ジュニアのヘベレケ』にパンサーの菅と尾形がゲスト出演。高橋真麻に二人のことをどう思ってるのか訊かれて。

千原:この2人は、おれのことどう思ってんのかわかりませんけど、おれはものすごい好きな2人。

菅:ええーっ!?

尾形:マジっすか!? めちゃくちや嬉しいっすわ!

ジュニア:ホンマにね、この尾形のウソのない全力投球は、ホンマに見上げたもんやと思う。

尾形:やったー!! サンキュー!!(笑)

ジュニア:意外とよしもとっていーひんもん。純粋に全力でやるやつって。

尾形:めちゃくちや嬉しい…。

引用元:『千原ジュニアのヘベレケ』2018年12月31日放送回

桂文珍からのアドバイス

『にけつッ!!』にて、よしもとの大先輩との思い出を語り合う。

ジュニア:十代ぐらいのときに、スケジュールに「桂文珍」って入ってんねん。

ケンコバ:ええっ!?

ジュニア:なんやろうなあ、それこそなんか怒られんのかなあ、みたいなふうに、その当時なんてもちろん行けるようなところじゃない、かなり敷居の高い高級中華に連れて行ってもうて、「きみとご飯食べたかったんやぁ」って。

ケンコバ:いきなり。ご飯食べたかったって。

ジュニア:「きみはおもろいなあ、おもろいねんけど、アルバムばっかり出してるから、シングルを出しなさい」って。

ケンコバ:ええアドバイスですねえ、それ。めちゃめちゃええですやん。

ジュニア:そんなん19歳で理解でけへんやん。「アルバムのほうがよろしいやんけ」って(笑)意味わかれへんから。

ケンコバ:当時は(笑)ダメダメダメ、全部受け止めなきゃ。ええ言葉ですね、それ。シングルも出していけっていうね。

引用元:『にけつッ!!』2019年1月7日放送回

36歳のビートたけし、松本人志

テレビ東京『ざっくりハイタッチ』の中の人気コーナー「おしゃべり割烹 小藪亭」では、割烹料理店のカウンターを模したセットで、小藪千豊と千原ジュニア、フット後藤、フット岩尾の4人がフリートークを行う。この日はアラフォーの4人が、先輩芸人のアラフォー時代の話について語り合った。

ジュニア:36歳のときに、ある大師匠、十代の頃にご飯連れて行ってもうたりしたことのあるよしもとの大師匠と久しぶりに仕事して。

「久しぶりやなあ、ジュニア君。いくつになったんや」

「36です」

「そうかあ、もうそんな年になったかあ」

「師匠は36のときなにやってはったんすか?」

「36のときは、大阪と東京で、全局レギュラーやってたわ」

「すごいっすねえ!」

「東京と大阪にそれぞれマネージャーいて、いっつも元気や、そらそやわなあ、東京で仕事してるときは大阪のマネージャー寝てるわ、大阪で仕事してるときは東京のマネージャー寝てるわ、そら元気やわ」みたいな話をして、すごいなあ、おれもまだまだ頑張らなあかんなっていう、それはそれですごい話よ。

小藪:そら凄いです、えげつないです。

ジュニア:その、3日後におれ、たけしさんと会って。

「たけしさんて36のとき、なにやってたんですか?」

「36のとき? うーん、オイラ36のとき、ラジオやりたいなあって思ってたかな」って言いはって。それこそ『たけし城』とか、『元気が出るテレビ』とかやってたはずなのに、それを言うんじゃなくて、今からやろうと思ってたことを言うて、すげぇなあと思って。どんだけ上見てはんねん、ていう。おれのクエスチョンに対して答えとしてはおかしいねんけど、凄いなあと思って。やっぱそうなんや、って。

またその3日後ぐらいにダウンタウンの松本さんとメシ食うてて、これ聞いたろ、と思って。

「松本さん、36のときなにやってたんですか?」って訊いたら、

「36のとき?? …あっ、ドラマやろうかな、思てたわ」って。

全員:へえーっ。

後藤:なるほど。

ジュニア:やっぱ上見てんねん。

引用元:『ざっくりハイタッチ』