サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

くりぃむしちゅーANNむちゃぶりトーク書き起こし4 W杯マスター上田晋也

多くのリスナーから愛され、今や伝説のラジオ番組となっている「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」。なかでも人気だったのは無茶振りトーク。オープニングで有田が上田にムチャぶりをする「月に一度のお楽しみ」です。今回は2006年6月13日、サッカーワールドカップ中に放送された回のムチャぶりの書き起こしです。

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン
2005年7月から2008年12月まで放送されていたラジオ番組。くりぃむしちゅー(有田哲平・上田晋也)がパーソナリティを務めていた。

くりぃむしちゅーのANN書き起こし4 ワールドカップの敗因

ムチャぶり発動

有田:見てたんです僕。これ間違えたら正式に否定してほしいですけど、ジーコのとなりのとなりあたりにいたでしょ?これどう?いたでしょ?違うなら違うって言ってほしいし

上田:やっぱばれた?

有田:やっぱな、みんな絶対気付かないと思ったのよ

上田:重なっちゃたのよ、子どもとワールドカップ

有田:昨日とかも、早々と居なくなったじゃん。東京に一緒に帰らなかったじゃん?今日もさ、オールナイトが仕事始めじゃん?いってみれば、一日でいえば。だからなんでって思ったのよ。夜中じゃないとってマネージャーも言ってるから

上田:じゃないと帰ってこれなかったからさ

有田:そうだよね。結構10時間くらいかかるでんでしょ?

上田:まあ半日くらいはね。なんだかんだ

有田:あれ本当だったんだ、ジーコのアドバイザー的な存在

上田:まあね、来てくれって言うからね

有田:ベンチ入りしてたもんね

上田:俺もアップもしてたのよ。最悪俺がでるかみたいなね。最悪巻(誠一郎・日本代表)がダメなときは俺行くかみたいな感じはあった

有田:代表選手に選ばれてないけど、そんなのありなんだ。それはそうか

上田:リザーブメンバーだけどね

敗因

有田:何でですか?何で残念なことに(オーストラリアに)負けちゃったんですか?

上田:いやー…ちょっと油断って言うのが大きいのよね。一点取ってもう行けると思っちゃったんだよね、あと10分だし

有田:もうあそこで絶対勝ったと思いましたよ。上田さん、これ否定するなら否定してもらってもいいんですけど、上田さん自身は変な采配とか指示とかはしてないですよね?

上田:していないっていうとウソになっちゃうからね。嘘だけはつきたくないのよ。やっぱ子供が生まれてさ、誠実に生きたいなってのはあるしさ

有田:3-1で負けたんですから、上田さんA級戦犯ですよ、これ

上田:そうね、大会後。後になるけどな

有田:世間はね。何で責任とってんだってなるけど、俺は分かるから。リスナーも分かってると思うけど。なんていったの?一点入れたわけじゃん。守備固めればよかったわけよ

上田:それはね、俺攻撃型で行きたかったのよ俺は

有田:なんて言ったの?

上田:だから、守るなと。とにかく攻めろって言うサインは出してた訳。守りは手薄にしろって言ったわけ。だからそこをうまいことつかれたよね、三点取られた時に気付いたからさ。

有田:「お前攻めろ攻めろ」って言ったの?川口(能活・キーパー)とかにはなんて言ったの?

上田:「あがれあがれ」って

有田:あれは上田さんだったんだ!急に一点目入れられたとき、前の方にいたから

上田:俺あれ好きだったのよ、前いたじゃんか、キーパーでシュートしちゃうやつ、海外に。シラベルト、ね。シラベルトってのがフリーキックやったりとか自分でガンガンあがってくやつ。俺あいつ好きだったんだよ。かっこいいなって思って。俺川口あれやれって言ったんだよ、今回

有田:シラベルトのモノマネしろと

上田:やっちゃえやっちゃえって言ったんだよ

有田:似てるよって言って

上田:そしたら川口も「そうっすか」って、ちょっとまんざらでもないみたいな

有田:結局あれのせいだったんですから。まあ同点まではいいですよ。二点目、三点目はおかしいでしょうよ。いってみれば同点で「あぁー」ですよ、あの試合は。また入れられてるってどういうことですか?

上田:それは、二戦目重視しろと。考え方変えたのよ

有田:ちょっと待ってください。残り5分6分の時点で二戦目重視しろってサイン送るやついないでしょ!?

上田:お前は知らないんだよ。野球の西武の黄金期よ。日本シリーズよ。その時の最多勝が工藤(公康)とかね。工藤がエースだわ、西武。第一線先発工藤で来るかっていったら、森監督は東尾(修)をいかせたわけ。なんでかっていったら、東尾がね、ジャイアンツの「こいつここが得意なんだよな」ってコースに全部投げるわけ。「なるほどなるほど、こいつはここは打つんだ」と。「ここはどうかな、ここは打てないんだな」ってのを全部そろえるわけ。相手のデータを。それを工藤に全部伝えて、二戦目工藤でとるわけよ、試合を。でそっから優勝するっていう。だからオーストラリアの弱点を知りたかったんだよね。ここをあければシュート打ってくるなとか

有田:それは作戦としてはね。でも対戦相手も違うわけだし、オーストラリアの弱点を知ったところで

上田:らしいね

有田:だからなんですよ。クロアチアなんですよ、次

上田:なんだってね、だから次クロアチアのデータ揃えようと思ってるのよ。ここ空けたらシュート打ってくるかなとか

有田:1-1になった時点でよ。「逆転いけ」と。「攻めだとこうなったら」と。なんでそこで「二戦目考え」ろなんてこと言ってんの?

上田:二戦目重視だけど、三点目とられて守り重視したからね

有田:遅いのよ、だから。三点目入れられた後は攻めでしょ?

上田:あれ以上入れられたら「こりゃかなわん」と。あれから「フォワード全部下がれ下がれ」。全部下げさせたよ、「(中村)俊輔守れ守れ」。あらからかたくなったでしょ?守り

有田:決してかたくはなってないですけど

上田:一点も入れられなかったからね。だからジーコと試合「ぴぴー」ってなった瞬間、ジーコと見つめ合って大きくうなずいたよね。「これだな」みたいな

有田:終わった瞬間じゃ遅いのよ。終わった瞬間気付くのは。それを早くやっときゃいいじゃん。「シラベルトのまねしちゃえよ」とか

上田:まあね、でも最終的に矢面たたされるのはジーコだからまぁいいやみたいな、俺の気のゆるみみたいなのはあったのは事実よ

ジーコの本音

有田:ジーコはね、公には作戦ミスもあってどうこうと言ってましたよ。実際上田さんには本音漏らしてるんでしょ?

上田:うん

有田:なんて言ってんの?

上田:「やったね」って。「やったね」って。「作戦どりだね」って。これで日本すごいへこむじゃん。でも、「もう無理だ」っていう空気になるじゃん。これでクロアチアとブラジル、いっちゃおうよと。だってデータそろったじゃん

有田:まあ、オーストラリアのデータですけどね。ジーコも分かってないのか

上田:だからやったねとは言ってるよね

有田:じゃあ落ち込んだというよりは祝勝会だったんだ

上田:そうよ、だってね、例えばオーストラリアに勝ちました。

有田:で気緩んでクロアチア、ブラジル負けたらすごい落ち込みますよ

上田:ね。だからプラ10がマイ20になるようなもんでしょ?もうマイ20の状態よ。こっからプラ30になったら、落差がプラ50くらいになるじゃんか

次戦の作戦

有田:クロアチア戦次ありますけど、作戦は考えてるんですか?

上田:あるね。まずフォーメーションを、あのフォーメーションでは勝てない

有田:どうするんですか?

上田:だから2-2-2-だね

有田:あのぉ、6人しかいないです。キーパーいれても7人しか

上田:キーパーは入れる

有田:2-2-2の中にキーパーも入ってるの?

上田:だから2-2-2-1の布陣でいこう

有田:4人は?

上田:2-2-2ってことで4人ね

有田:4人はどうするんですか?

上田:4人は待機よ、前半は

有田:どこで?ベンチで?

上田:だからあの角っことかで

有田:ちょうどコーナーとかの

上田:コーナーフラッグ側に待機よ。その辺来たらそのかわり「けっとばせ」というよ

有田:サッカーで「けっとばせ」って言うのも…

上田:その辺来たら「けっとばせ、球を」とはいうけどね

有田:待ってよ。ディフェンスガラガラじゃないですか?

上田:でもね、そしたら躍起になってくるわ。クロアチアは。

有田:スカスカだから「イケイケ!」ってなりますよ、そりゃ

上田:前半の10分で点数とられるよ。3点やろう。3点やるわ。でもその10分でへとへとよ。テンションあがっちゃって

有田:まあイケイケだからね。「日本バカじゃねーの?」ってことだからね

上田:うひゃうひゃいって、テンションあがっちゃって、「こりゃ勝ったこりゃ勝った」やんややんやの大喝采よ。でへとへとよ。え、そっから前半15分くらいから、4人にそれぞれ目配せで、「そろそろ行けや」みたいな感じで行って、だーーっと、そいつらが「わぁぁぁぁーーーー」と参加してくるじゃんか、四方から

有田:棒倒しみたいな感じで?「わぁぁぁぁーーーー」っていくの?

上田:四方からね

有田:まぁびっくりはしますよね。急に両側からぶわーっと

上田:クロアチア、「もう一点くらいとってやるか」ってちんたらしてたとこに「わぁぁぁぁーーーー」ってくるわけだから

有田:その瞬間はね、なんだよってなりますけど

上田:それで「なんだよ、なんだよ。もう日本は死んだと思ってたぞ」。そしたら急に息を吹き返すわけじゃんか。そしたらその精神状態っていったらもう、とんでもないよね、その追い込まれ方。はんぱないよね。それで4点取っちゃおう。前半で4点ひっくり返すよ。4-3。で後半、多分休憩時間に立て直してくるわ、クロアチアも。メンバーかえてくるよ。「お前ら気が緩んでるやつ引っ込み」みたいな感じになって

有田:そんなこと言うんですか?監督は「気が緩んでるやつ引っ込め」って

上田:「誰だ」っていって、「はい、僕です。俺も、俺も」

有田:僕ですみたいなこと言うの?「僕気緩んでます」みたいなこと言うの!?ワールドカップまでいっといて

上田:そしたら代えてくるから、作戦変更だよね

有田:どういうフォーメーションでいくんですか?

上田:1-2

有田:え?

上田:1-2でいこう

有田:コンパでちょっと遅れてるからみたいなのやめてくださいよ。1-2って

上田:もちろんキーパーはいるよ。だから1-2-1だよね

有田:ちょっと3人って、バスケットでも足りない

上田:1-2でいこう、後半は

有田:他は!?

上田:他は待機よ、お得意の

有田:どこでよ!?

上田:何人余ってる?7人か。7人余ってるでしょ?だから四隅に置くわな、4人。で、3人は真ん中の線あるじゃんか真ん中の線

有田:スタートするときのですか

上田:そう。あそこの端っこずつに一人置こうよ

有田:フラッグマンみたいな

上田:そうね、で最初はこの辺で出ましたっていうところに手挙げてもらって。そういうことさせとくわけ。で「完全に日本はやる気をなくしたんだな」って思わせとこうよ、クロアチアに。だから最初の10分で3点あげようよ

有田:今4-8か

上田:で、もうさっきの手は読まれてるから。どうせくるなって思われてるから。あと10分粘ろうよ、この方法で。あと一人は真ん中のサークルの中にいるよ、ずっと

有田:なにしてんの?

上田:もう動かざること山の如しよ

有田:直立不動ですか?

上田:でも例えばさ、本とかで読んでるとさ「山が動いた」っていうフレーズにすごく「何がおこんの!?」って思うよな。で、前半25分でやっと山が動くわけ。

有田:その7人が!?どうするの?

上田:「わぁぁぁぁーーーー」

有田:同じじゃないですか?作戦読まれるって同じじゃないですか

上田:違う「まさかここで!?」と思うわけよ。もう来ないと思ってたから、向こうも

有田:あと何分ですか?

上田:もうあと20分くらいよ。残り

有田:20分くらいで「わぁぁぁぁーーーー」

上田:「わぁぁぁぁーーーー」ってきて、最終的には18-17くらいの試合になるよ、日本クロアチアは。盛り上がるよ

有田:「わぁぁぁぁーーーー」っていった後も入れられてるんですか?まだ8-4くらいだったでしょ?その後10点入れられてるんですか?

上田:もう乱打戦よ、こうなったら。つるべ打ちだよね、こうなったらもう

有田:で、結局18対なんですか?

上田:17

有田:18どっちですか?

上田:クロアチアよ

有田:負けてるんじゃないですか!

上田:残念ながらちょっと及ばなかったのよ。後半の仕掛けがちょっと遅かった

有田:遅かったって遅くしないでくださいよ

上田:これでいこう。だから仕掛けをはやくすれば逆転できるから

有田:ブラジル戦に関しては来週聞きますよ。クロアチア戦のことはそういう目で見ます。ありがたかったというか、時間の無駄だったというか…

くりぃむしちゅー関連商品

Huluなら『太田上田』などお笑い番組も見放題!

Huluはくりぃむ上田と爆笑問題太田の番組『太田上田』をはじめ、ガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。

U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!