サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

ガキの使いフリートーク神回まとめ傑作24選!これがダウンタウンの凄さ!

今回はハガキトーク神回まとめに続き、90年代から2000年代のガキ使フリートーク傑作シーンを書き起こしていきます。

ガキの使いハガキトーク神回まとめ!傑作集10選【90年代編】

たくさんの面白い回がありますが、とくに傑作と評価の高い芸術的なボケをご堪能ください。

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!傑作フリートークまとめ

新宿ヤッチャン騒動

松本:こないだ車でね、新宿でたまたま信号待ちで停まったらほら、車が詰まってるときって、交差点の中で停まってしまうときあるでしょ。

浜田:はいはい、真ん中へんでね。

松本:おれは大丈夫やってんけど、おれの横がタクシーやったんよ。このタクシーはあきらかに邪魔やったんよ。

浜田:はい、はい。

松本:で、「ゴラァ!なにやってんだ!」って言うてるんですよ。ヤクザなんですよ。

浜田:ほう。

松本:「ゴラァ!」言うてダーッ降りて来て、タクシーの横っ腹ドーンッ!って蹴って。「通れねえじゃねーか!」って言うてて、おれこっちで、なんかあったら行ったろ思て…。

浜田:ウソつけ! 関係ないタクシーやん。なんでおまえ行かなあかんの。

松本:「このガキゃホンマ、もう一発蹴ったら行くぞ!」って思ったんですよ。それがたぶん通じたんやろね。

浜田:ヤーさんに。

松本:ヤーさんに。ガンって蹴って「気ぃつけろよ!」言ってガーッ行くときに、おれのミラーに当たってキュッて曲がったんですよ。

浜田:おー、降りて行かんかい。

松本:ヤーさんもガーン当たったからバッておれのほう見たんですよ。

浜田:おう。

松本:エヘへへヘっ(愛想笑い)

浜田:いや、「ゴッラァ!なに曲げとんじゃコラ!」は。

松本:いや僕の怒り方はそんなんじゃないんですよ。…エヘヘヘヘ、…コラア!って言うんですよ。

浜田:あ、まず笑といてから、カマすわけか。

松本:で、ミラーがキュッてなったから、エヘヘヘヘヘ、で、見たらもうおれへんかったんですよ。

浜田:で、自分で降りて行って、直したの?

松本:いやそれすぐやったらやらしいからね。

浜田:なんでやらしいの、曲げられてんのに。

松本:文句あるみたいやん!

浜田:いや文句あるやろ、曲げられてんのやから!

松本:これ見よがしに本人おる前でフンって直したら、「なんだよ」ってなるやんけ。

浜田:どうしたいねん、おまえは!

松本:だからしばらくキュッとなったまんま、「僕のミラーこんなんでんねん、このほうが見やすいでんねん」ってしばらく走ってって、ほんでおれへんところなったら降りて行って「かなんなあ」って直すんやないか。

浜田:なんやそれ(笑)

松本:ほなおまえだったらどうすんねん!

浜田:どうするもなにも、おれはもう見てないもん。なにも見ないもん。

松本:(笑)

細い路地のすれ違い

浜田:こないだね、車乗っとったら、細い路地をむりやり入ってくるやつおるやんか。

松本:むちゃくちゃおるよ。

浜田:待っといてくれたらおれの車行けるねん。ほな、来ますわ。

松本:そう。ホンマに来んねん。

浜田:もうしゃあないからギリッギリでゆっくりすれ違っとったら、だんだん腹立ってきて。ピタッと停めて、ウィ~ンって窓開けてボディを、ガン!ガン!ガン!(拳で殴る)って。ウィ~ンって閉めてブーー(発進)。

松本:(笑)

浜田:細い路地やからUターンして追っかけて来ることもないから(笑)

豆知識

松本:まずだれかになにか訊かれたときに「知らん」って言うたことないですね。

浜田:(笑)

松本:いやホンマに、ホンマに。

浜田:えらいフリやなあ(笑)

松本:いやホンマに。だってジャンボジェットも必ず、動かせるからね。

浜田:はあ?

松本:(笑)

浜田:なにが言いたいねん。

松本:こんな話知ってますか? パイロットっていうのは3人いるでしょ。3人はね、フライト前の食事は絶対同じものを食べないんです。

浜田:あ、そうなん。

松本:これ、なんでやと思います?

浜田:ああ、それはアレですよ、同じもん食べて、全員がアタったりしたら誰が操縦するねんってことやろ。

松本:そんな簡単にわかるなよ。

浜田:(笑)

松本:立つ瀬あれへんがな。

浜田:それぐらいはわかるわいな、もっと知らんことおしえてよ。

松本:悩みやがれよ、この野郎。

浜田:(笑)

この子が死んだら

松本:『ガキの使い』始まって7年ぐらい経つんでしょうかね。1回ぐらいね、無言の帰宅というかね。

浜田:「無言の帰宅」いうのはおれらがってこと?

松本:うん。そりゃね、僕はこの子らがチケットセゾンに電話してね、お金払ってきた子なら頑張らないかんな思いますけど、べつにこんなもん因果関係もなんにもないですしね。

浜田:そんなもんチケットセゾン行く子も因果関係あれへんがな。

松本:因果関係あれへんけど、金が発生してるから。

浜田:いやでもハガキ代は出しとるで。

松本:じゃ、ぶっちゃけた話ですよ、この子(客席を指さす)が死んだらおまえ泣くか?

浜田:(その客に微笑みかけながら)まあ泣かんわのう。

松本:(笑)泣かんでしょ。なんにもされてないもんね。

浜田:いや、そんなこと言うたら、そんなんばっか入れてやらんといかんいうことになるやないか。

松本:ただ、おれはこの子が死んだら泣くけど。

浜田:なんでやねん!

松本:そこはやっぱりね。

浜田:なんで泣くねん!(客を指さして)誰やおまえ!

松本:(笑)

おれが死んだら

松本:おまえはおれが死んだらどうなんの?

浜田:??

松本:おれが死んだらどうなんの?

浜田:「どうなんの?」ってどういうこと?

松本:(笑)

浜田:「おれが死んだらどうなんの」?

松本:わかりました、わかりました。じゃ、あなた寝てます。今日の夜、寝てます。

浜田:はい、、寝てますね。

松本:「トゥルルル、トゥルルル」

浜田:「チッ、かなんなもう。…はい」

松本:「もしもし、岡本です」

浜田:「ああ、どないしたんや」

松本:「松本さんがたった今、…死にました」

浜田:「あ、そう。ガチャ」

松本:(笑)そんなわけないやん。

浜田:まあ今のはやっとかんと(笑)

松本:困るというか、泣くでしょ、それは。

浜田:…泣くかなあ。

松本:泣かないですか?

浜田:「たった今、死にました」?

松本:いや、どういう言い方するかはわかりませんけど。

浜田:うん。

松本:「コンテナに巻き込まれて死にました」

浜田:いや、どこにおったんや。

松本:コンテナの横ですよ。

浜田:なんでコンテナの横なん。普通の生活しとってコンテナの横におることってあんまりないがな。

松本:あるよそんなもん。コンテナの横でガーッ(陰から覗く)してたらワーッと(腕が巻き込まれる)。

浜田:なにしてんねん!なんでコンテナでこんな(巻き込まれる)ことになんの。コンテナやろ?

松本:ごめん、コンテナってなに?

浜田:(笑)

松本:コンテナってなんやねん。

浜田:なんか鉄の固まりの箱みたいなものをコンテナ言うちゃうんか。

松本:あ、あれをコンテナって言うんか。

浜田:そんなもんに巻き込まれるか。

松本:(笑)

マラソンに腹立つ

松本:あのねえ、僕やっぱりねえ、腹立つことがあるんですけどね。

浜田:はいはい。

松本:マラソン。なんかTVでようやってるでしょ。

浜田:なんかやってたな、東京国際マラソン。

松本:ええで。やったらええけど。おれはあんなん全然興味ないしどうでもええけど、トラック走ってたらええんちゃうんか!

浜田:いや、マラソンやから外走らんと。

松本:なんで外走らなあかんの、それのために車止めて、なんやの、おまえら何様やねんって話ですよ。

浜田:そらしゃあないやん。

松本:思えへん? 42.195km走ったらいいんでしょ?

浜田:そうそうそう。

松本:じゃあもっと言えば体育館でもいいわけですよ。もっと言えばルームランナーでもいいわけですよ。なんで外走ってん。

浜田:ちょっと坂なってるとことかいろいろあるやん。

松本:そんならだれかがたまにルームランナーをときどきこう傾けて。

浜田:いやそんなことせんと自然の中を走ろうよ。

松本:なんで? いっしょやん。

浜田:走ってる距離は一緒やけど、淡々と走ってるんじゃなしに、暑さとかもあるでしょ。

松本:そら、だれかが照らしたったらいいじゃないですか。

浜田:そういう暑さとはまた違う。

松本:いやおれはそれでは納得できへんわ。なんで体育館ではダメなのか。ま、体育館は言いすぎやけど、外のほうが良いってのはわかるわ。じゃあ競技場でええやん。競技場グルグル回っとったら同じことでしょ。それを道混むのにやねえ、わざわざ規制して、車走られへんようにして。

浜田:ええやんべつに。そないしょっちゅうやっとるわけちゃうがな。

松本:うーん、なんて言うんですかね、この国はね、多数決の国でしょ、だいたいが。

浜田:はいはい(笑)

松本:そうでしょ? マラソン人口なんてたかが知れてるでしょ。それで車乗れない人とか、渋滞に巻き込まれる人数に比べたら、全然違うわけでしょ? でもマラソンを優先さしてるって、それがわからんのですよ。

浜田:いや、訊きもせんから。「やめたほうがええと思う人」って。訊いてくれやみんな「はーい」って手挙げるけど。

松本:思うやろ? おれの言うてることが一理あるってのはわかるよな?

浜田:いいや。

松本:なんでやねん。

浜田:なにがやねん。

松本:どんな青春やねん。どんな青春を歩んできたんや。

浜田:そんなん知ってるくせに。

松本:(笑)

お年玉

浜田:(2人で舞台に登場しながら)ちょっと待って、ちょっと待って。

松本:なんやねんな。

浜田:なんでライセンスにお年玉上げへんの?

松本:え? なにがいな。おまえ、やったか? ライセンスに。

浜田:やったやった。

松本:マジで?

浜田:やったよ。

松本:マジで?

浜田:うん。

松本:ライセンスって、松竹でしょ?

浜田:じゃなんでここで前説してんねん(笑)

松本:いやだからいろいろあるんでしょ。

浜田:いや、ちがうちがう。あげて!

松本:いきなり出てきて金の話って(笑)

浜田:いやいや、お年玉あげてよ!

松本:あげるがな!タイミングが、まだそんなアレやがな!

浜田:本番始まるまでかなりあったやん。

松本:アホか、おれがいざやるとなったらそんな、片手で渡せるような重みやないぞ。

浜田:(舞台袖に)ちょっと聞いた?

松本:(笑)

カミングアウト

松本:(正月休みの)前半は温泉行ってたんですよ。

浜田:なるほど。

松本:温泉でちょっとびっくりするようなことあったんですけど、ちょっとTVでは言えないんですよ。

浜田:まあ、そうか。

松本:僕はすごく言いたいんですけどね。

浜田:うん。

松本:たぶんオンエアできないんですよ。

浜田:ああ、なるほどね。

松本:まあ、じゃあ一応しゃべりますね。

浜田:しゃべりたいねや!

松本:(笑)あのね、温泉行こうって言うてたんですよ、暮れぐらいに。で、なんか知らんけど、ジョーダンズの三又いるでしょ。

浜田:いますね。

松本:あいつがね、たまたまメシ食う時に来てたんですよ。なんか後輩の知り合いみたいなことで。その三又がね、ちょっと疑惑があったんですよ。

浜田:なんの疑惑ですか。

松本:あのー。どうやねんみたいなね。

浜田:え?

松本:あのー。コレ(頬に手の甲をあてるオネエポーズ)なんじゃないかと。

浜田:(笑)

松本:(笑)そんなこともあって、今回温泉行ったんですよ。

浜田:はいはい。

松本:後輩もいっぱいおって、露天風呂浸かって「あー気持ちえーな」って言うてたら、ひとりの後輩が「なにしてるんですか!!」って。

浜田:湯に浸かりながら。

松本:どうも聞いたら、三又が足の親指でアナルを攻めてたらしいんですよ。

浜田:(笑)

松本:(笑)

浜田:いやいや、シャレやって(笑)

松本:ほんで上がったんですよ、三又が。ほんでもうひとり違う子が、「僕もずっと触られてたんですよ」って。

浜田:(笑)

松本:それはちょっとどうやねん、みたいな話があって、ほいでまあ部屋で飲もうや言うて。そんで部屋で酒も進みだしたらね、ジュニアがバンバン質問しだしたら、ふつうにカミングアウトしだしたんですよ。

浜田:(笑)

松本:ほいでおれは「うわぁぁぁーー」と思たんやけど、「すごい状況やぁぁーー」って思たんですけど、あんまり言うてもアレやから「まあわかるで」って。でも頭の中は「うわぁぁぁーー」ってなってたんですよ。いろんな動物が「わわー」「うわー」言ってたわ。

浜田:おれおったらオンにしてたわ(笑)「ウワハハハハハ」言うて(笑)

松本:ほんでなんか浴衣脱ぎだして素っ裸でね、あいつほらレスリングやってたから。「ちょっと技かけさせてくれ」って言って後輩をなぜか知らんけど脱がして、ずっと裸で絡み合っとるんですよ。「なにしてんねん!」って言うたら、急に我に返ったんか知らんけど「もう、やっだぁ」って。「ええっ、うわ、うわー」

浜田:うるさいな!

松本:ホンマ、びっくりしましてね。

浜田:まあそら、びっくりするわなあ。これあんた、一気に広まるで(笑)

わんぱくな浜ちゃん

松本:浜田さん、やっぱりあなたはものすごく暴力を振るいますね。

浜田:はあ?(笑)なにを急に(笑)

松本:オンエア見てる方はわかってると思いますけど、今日、「ハマショーだらけの大運動会」やったんですね。あれまあお遊びではないですけど、乱闘シーンみたいなのあるじゃないですか。

浜田:シャレでね。

松本:ええ、そこで浜田さんは急にお止めになられて、山崎さんをお蹴りになられたでしょ。アバラが折れました。

客席:ヒェー(悲鳴)

浜田:ちょちょちょっと、ウソウソ、ウソよ、絶対ウソや。(舞台袖に向かって)山崎―っ。

山崎方正:(浜田を怖がって距離を取りながら出てくる)

浜田:ウソやろ?

山崎:怖い、怖い。

浜田:ちょっと来てみ、おまえ。ホンマに折れてんのか。折れてたらふつうそんなしゃべられへんで。

松本:そこは芸人やから舞台の上ではね。

山崎:そうです。気合です。

浜田:(山崎を蹴る)

山崎:ギャアアー。痛い!

松本:(客席に)これは今見たな! みんな見たな! (山崎に)訴えろ! 勝てる! 絶対勝てる! 2千万取れるからな!

浜田:(袖にハケる山崎に)ウソばっかりつくなよ!

松本:もぉー。なぜ、そんなにわんぱくなんですか?

ダウンタウンの約束

松本:ちょっと古い話ですけど、あれがまたありましたね、長者番付が。

浜田:ああ~。

松本:ちょっと僕いやらしい話、細かく調べてみたんですけど、あなたのほうが僕より2千万ほど多いんですよ。

浜田:……。

松本:まあ、薄々感づいてはいると思うんですけど、ま、一千万。

浜田:?

松本:一千万を、ま、いただくわけじゃないですか、これは。

浜田:(笑)

松本:楽屋に帰ったらもう封筒に入れてあるわけじゃないですか。

浜田:いやちょっと待って。ダチョウ俱楽部やないんやから。

松本:(笑)ダチョウは全部3等分やからね。

浜田:(笑)いや、ちょっとなにを言うてんの。

松本:なにがです? おかしいですか?

浜田:去年はあんたのほうが、おれより上やったん。

松本:え、そうやったっけ?

浜田:そや、悪いけど。そん時の差額は、あんたわしにくれた?

松本:いや、おれはおれの考え方があるから。おれはそういうのはやらない主義なんで。

浜田:ほんならおれもや(笑)

松本:昔、新人の頃に、新人賞とかもろたりとか、素人名人会とかあんなん出たときも、ちゃんと、ちゃんと! 本当の意味で2人で折半してきたじゃない。

浜田:(笑)

松本:こいつね、トロフィーやメダルはおれに持たすねん。で賞金の何十万円とかは「ははー」言うて貰うねん。で、楽屋で半分、ちょっとしかめっ面みたいな感じでくれるんですよ。

浜田:(笑)

松本:おれもこう(会釈して)もらって。

浜田:ちがう、あんたおかしいやん、だから。

松本:なにがですの。だったら今年からそうしたらどうですか。

浜田:今年? こないだの発表は去年までのやつや。

松本:あ、じゃあいいですよ、じゃあ去年からそうしたらいいじゃないですか。

浜田:なんでやねん、それおかしい。

松本:そのかわり、この先どんなことがあっても、僕がもうグワーッ行って、おまえがほんまに公園で、ラジオと犬だけ連れてても…。

浜田:(笑)それ何年後やねん。

松本:ラジオと犬だけになっても、おれは、おまえはダウンタウンやいうことで、おれはその公園に行くよ。

浜田:ラジオと犬連れてんの何年後やねん。

松本:まあ、2年後ですかね。

浜田:(笑)2年後にもうなんや、おれはラジオと犬連れてんの?

松本:そらそうですよ。

浜田:おれもそこそこ貯えあるわいな(笑)

松本:(笑)いや、でも嬉しいぞおまえ、ラジオと犬連れてるときにおれの高級車の窓がバーッて開いてやな、「おまえはダウンタウンや」って言うて、半分バサーッ置いて、ブーン行ってみ、「あのとき約束しといて良かったあ!」って。今ここ分岐点やで。

浜田:(笑)

松本:ここで1千万渡すだけで、お前はこの先すごくええことがいっぱいあるのよ、わかる? 絶対そうするべきやって。

浜田:いや言うてることがおかしいって。

松本:なんで? なにがおかしいの。ていうか、なんで1千万払うのがいやなのかまったくわかれへん。だって僕より2千万多く貰たわけやから…。

浜田:だからその分税金払てるがな。

松本:どういう意味? 税金はそらしょうがないがな、おまえが税金払うのはしょうがないよ、バカ家族がおるわけやから。そらもう子供よだれ垂らして、道汚したりしてるわけやから。

浜田:道汚してそれで税金払わなあかんのか(笑)

松本:テトラポット汚したりとかしてるわけじゃないですか。

浜田:どこにおんねん(笑)

松っちゃんの隠しごと

松本:言いたくなかったんですけど。

浜田:なに?

松本:ちょっと隠したかったんですけど。

浜田:はい。

松本:訊いて。

浜田:…なんかあるの?

松本:いや絶対言いたくないんですけど。

浜田:じゃあいいよ。

松本:(笑)いやでもそれは訊いてくださいよ。隠し事があるんですよ、僕に。それを、訊きだしてくださいよ。

浜田:アハハハハハ。

松本:いや僕は絶対に言わないですけど。隠し事ですから。でもそれは訊いてくださいよ。

浜田:おかしなこと言うてるなあ。

松本:絶対言わないですけどね。

浜田:いや、なんかあるんですか?

松本:いやなんもないです。

浜田:いや、あるんでしょ?

松本:ないです、ほんとにないです。

浜田:言いたくない?

松本:うーん、実は…。

浜田:えーっ。早っ(笑)

松本:いやほんとに言いたくないんですよ。

浜田:なんやねんな、もう!

松本:僕ね、とうとうやりましたよ。

浜田:なにをやねん!

松本:禁煙ですよ。

浜田:ああ、そう!

松本:やりましたよ! もう5日間ぐらい吸ってないですよ。

浜田:5日!? 5日ぐらいで言うたらあかんわ。

松本:これはもう間違いなく入りましたね、僕は。

浜田:5日ぐらいじゃあ。

松本:だからもう『ガキ』の楽屋とかも、もうぼちぼち禁煙にしますからね。

浜田:なんでや!? おまえアホちゃうんか!

松本:もう、煙いんですよ(笑)

浜田:なんで急に禁煙したの?

松本:なんかシールがあってね、それを貼るんですよ。そっからニコチンが出てるんですけど、それで吸いたくなくなるんですよ。

浜田:へえ~。

松本:ほなもう吸いたくないんですよ。今日もオープニングの合間とかみんな吸うてるでしょ? アホに見えるんですよ。あの、全然腹減ってへんときの、前で友だちが必死でメシ食うてんのが哀れな感じに見えるときあるでしょ? なんかあるじゃないですか、可哀そうになってくるみたいな。「うわー、また一口いったで」。あの感覚ですよね。

浜田:まだ5日やんか。

松本:でもホンマはおまえ、ごっつウラヤマーでしょ?

浜田:いや別に(笑)

松本:「シイ」は言わないよ、あえて。ウラヤマーでしょ?

浜田:カッコ悪いなあ(笑)

松本:わかるんですよ、なんか裏切られた感みたいなのがあるんでしょ。こうタバコ吸うてるもん同士のなんかあるじゃないですか。

浜田:でも楽屋であんた以外は吸うてるわけでしょ。

松本:みんな吸いますからね『ガキ』のメンバーは。だからもう禁煙にしましょうよ。

浜田:いや、せえへんよ。なんでおまえがやめたからって禁煙にせなあかんねん。それやったらおまえが出て行けよ。

松本:違うねん、違うねん、なあ浜田。

浜田:わざわざ名前呼ばんでええねん(笑)

松本:なんかちょっと寂しいんやろ?

浜田:おまえ頭おかしいんちゃうか(笑)

松本:今までね、なんかどっかあるじゃないですか、タバコ吸ってるもん同士の連帯意識みたいなもんがね。あのマラソンの「最後まで一緒に走ろな」みたいな。そいでピューッいかれたみたいな、寂しさがあるんですよ。それが証拠にね、タバコ吸うてるやつが禁煙しだした言うてね、「ゴメン、無理やったわあ」言うて吸いだしたらごっつい喜ぶんですよ。「ワーハッハッハハハ」言うて。あれは嬉しさからの裏返しなんですよ、それでね…

浜田:うるさいわ!

松本:ウラヤマーなんでしょ(笑)それはまあわかるんですけど。

浜田:いやわかれへんちゅうねん。2~3カ月やめてから言うたほうがよかったんちゃうの? 5日やで、まだ。

松本:どういうことですか?

浜田:まだまだ吸いよる可能性あるで、おまえ。

松本:あのー、だからあんまり言いたくなかったんですけどね。

浜田:(笑)

松っちゃんの兄貴の話

松本:あのー、うちの兄貴の話さしていただいていいですか?

浜田:なんでここでタカヒロの話すんの(笑)

松本:ちょっともうほんまね、言いたくてしょうがないんですよ。

浜田:ああ、そういうこと。

松本:うちの兄貴ちょっと今ね、単身赴任してるんですよ。

浜田:あっそうなの?

松本:大阪のほうに家族がいまして、子供3人と嫁さんね。

浜田:どこへ行ったの?

松本:東京なんですよ。

浜田:へえーっ!

松本:ほんでこないだたまたまですけどね、僕の知ってる後輩がね、あのー渋谷で、見たんですって。

浜田:タカヒロを?

松本:タカヒロを。あくまでも「たぶん、あれはお兄さんでした」っていう言い方ですよ。たぶんですよ、たぶんですけども、なんか若い女と腕組んで歩いてたらしいんですよ。

浜田:(笑)言うなや、そんなこと!

松本:たぶんですよ、決定的ではないですよ、「たぶんあれ松本さんのお兄さんやと思うんですけど」っていう話をね、まあまあまあそれもね、おれがとやかく言うことでもね。

浜田:そらそうや。

松本:そうこうしてたら、たまたまオカンから電話かかってきたんですよ。

浜田:はい。

松本:言うとこかな、と思って。

浜田:は?

松本:兄貴のその話を。

浜田:おまえが!? なんで!?

松本:ちょっとオカンの耳に入れといたほうがええんちゃうかなと思って。

浜田:アカンやろ!

松本:ちょっとこうオカンからね、軽く指導的なものをね。

浜田:そんな、揉めるがな。

松本:これはどうなんやろって、おれもいろいろ悩みつつですよ。

浜田:はあ。

松本:でうちのおかんに「いやいや実はな、これ決定的な話じゃないんやけども」

浜田:おまえ、悪いやつやなあ(笑)

松本:いやいや悪くないですよ、悪くないですよ。ほんでね「話半分くらいに聞きやと」

浜田:言うたんや。

松本:言うたら、もうね、うちのオカンなんて言うたと思う? 怒るとか、あるかなって思うじゃないですか。「あ、そう。あれでなかなかダンディやからね」って言うたんですよ。

浜田:あのねえ、アキコはおかしい(笑)

松本:おれもうびっくりしてもうて(笑)

浜田:あ、ダンディで片づけてもうたんや。

松本:もう終わったんですよ!「ほいでな、あんた」みたいな感じで。ええーっ!?そこそこの問題やで、これ。

浜田:(笑)

松本:ドラマなら一話ガッツリいくよ、これ。

言いたいけど言えないこと

松本:こないだね、びっくりするようなことがありまして。

浜田:なに?

松本:よく行く店があるんですよ。めっちゃくちゃ美味いんですよ。そこは奥に5~6人でいっぱいになる狭い個室があるんですよ。で、みんな前からうっすら気づいてたんですけど、従業員がひとり、ものすごいワ〇ガのやつがおるんですよ。レベル4なんですよ。

浜田:いや、MAXはどこなの(笑)

松本:4ですよ。

浜田:ああ。

松本:完全に危険なんですよ。だってね、個室の狭いところにそいつが持ってきて、そいつがおれへんようになっても、そいつがおるからね。

浜田:そらレベル4やったらいますよ(笑)

松本:そいつがもう部屋にいっぱいいますから。天井にもおるし。われわれの心の中にも、われわれの鼻の中にもずっと彼は、彼の想い出は。

浜田:それやったら行けへんかったらええやないか(笑)

松本:でもほんとに美味いんですよ。こないだ行ったときは、ちょっともう暑なっててね、ちょっと蒸しっとする感じの日やったんですよ。もうヒドいんですよ! ポンて料理置いたら(袖口から)ボトボトボトーって出てくるんですよ。

浜田:彼の手下が(笑)

松本:彼の手下が(笑)すっごいんですよ。食べてもせっかく美味しいものが、混ざり合ってもうてね。これもうイカンと。

浜田:食べもん屋やからね。

松本:そう。おれもあんまそういうの嫌いなんですけど、店長呼んでね、せめてテーブルに持ってきてくれる人を変えてもらおうと。理由はどうしようかなと思いつつもね、これもう早くせんとみんなゼイゼイいってるし。

浜田:(笑)

松本:ほんで山崎に呼んでもらって、どんな言い方しようかなって思って食うてたんですよ。ほんならコンコンって来て。ガラガラガラー「店長の〇〇です」って。そのワ〇ガのやつなんですよ!

浜田:そいつがそやったんか。

松本:「あー、そうですかー」って。もう言葉が出ないんですよ。向こうも「店長呼べ」言われたもんやから、なんかあった思て顔も引きつり気味なんですよ。「な、なんですか?」って来るもんやから「あー、まー、だいじょうぶなんですけれどもー」って。

浜田:なにがやねん(笑)

松本:「ごめんなさい、勘違いしてました、すいませーん」って(笑)

浜田:あー、次行きたい、おれ(笑)ごっつ言いたいわ(笑)おれ結構そういうの言えるから。

松本:(笑)今5月でしょ。これからもう倍々ゲームで来ますからね。

浜田:せやなあ。

松本:すっごいですよ。あれはでも言うてやらんと。

浜田:自分ではわかれへんからね、あれは。でも行くんやろ、美味いから。

松本:どうしようかな。これオンエアせえへんかったら…。

浜田:でも、わからすっていう手もあるやんか。「あれもしかしておれのこと?」って。

松本:いやそれもキツいなあ。おれそういうの気い使うわ。ものすごいイヤやわ。今度行ったとき「ガキの使い見ましたよ」って言われたりしたら、「うわー」ってなるじゃないですか。あとなんかちょうちん袖みたいになってたりしたら。

浜田:そこ締めてもムリ(笑)タレントさんとかでもおるけど、そんなんどうでもええわ。でも食べもん屋はアカン。

引用元:『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』

大阪の家族

松本:大阪の家族はなぜあんなにタチが悪い!?

浜田:せやろ! おれ、去年も言うてる!

松本:ホンマにひどいな!

浜田:なにされた? なにされてキレたん?

松本:あのねー、東京の人はね、わりとトーン落としめで、パーッと来て「(小声で)握手してください」とかね。「写真いいですか?」って言うんですよ。ほんならこっちもね、「いやごめんなさい、ちょっとキリなくなるんで」「あ、そうですね、どうもすいません」言うて「残念だなあ」なんか言うたりして、ほな「悪いなあ、写真の1枚ぐらい、あー待ち待ち、戻っておいで」ってなるじゃないですか(笑)

浜田:もうええっちゅうねん(笑)

松本:ところがあの大阪のクソ家族だけはホンマ、「松っちゃんやろ!?」「松っちゃんや!!」言うて、なんやろ、周りに教えようとするんですね。

浜田:でっかい声でな。

松本:でっかい声で。お尋ね者扱いなんですよ!

浜田:「早よ来な逃げるで!」

松本:その時点でもうカチーン来るでしょ? 「ちょっとアカンねん」言うたら「愛想ないなぁ!」とかね。

浜田:言う!

松本:絶対最後に1個罵声を浴びせるんですよ。

浜田:絶対言う、絶対言う。

松本:ババアが「ケチぃー!!」

浜田:わかるでしょ?(笑)

松本:ホンマね、(髪の)分け目思いっきり増やしたろかな思たわ。

浜田:そんな、2つにしてもしてもしゃあないがな(笑)

松本:いや、ホンマに。大阪のヤツってなんであんなタメ口なん? 「松っちゃんやろ?」とか。「何してんの?」とか言うてくるんですよ。「何してんの?」言われたってねえ。「浜ちゃんは?」とか。「今日は一緒じゃないねん」とか言うたら「アハハ!アハハ!アハハ!アハハ!」、アホまる出しの笑い方!!

浜田:わかる、わかる(笑)なんでそれが可笑しいのかわからん。

松本:なにがオモロいねん!

浜田:せやろ? 笑とんねん。アホが笑とる(笑)

松本:腹立つで、ホンマ腹立つ。1回ムカついたわ、流れるプールでフワーって浮遊してたんですよ「ええもんやなあ、ストレス発散やぁ」言うて。それ東京のやつやけど子供が来て「あー、ホントだあ、ハゲ坊主だあ!」(笑)「ハゲ坊主」ですよ!同じ種類のものを足して来るんですよ。

浜田:「ハゲ」でええやんな。「坊主」でええやんな。「ハゲ坊主」や(笑)

松本:「おにぎりごはん」みたいなもんですよ。

浜田:もうええっちゅうねん(笑)

最低なやつら

松本:あれトシちゃんはなんやったの? 駐禁やられて…。

浜田:ああ、マネージャーが動かしてくれたと思ってたってね。

松本:あんなことがなんであんな大きい問題にされてんねんということもあるんですけど、その前に、なんでバレんねんと思うんですよ。あれなんでバレたん?

浜田:その前にね、なんか写真誌に撮られたらしいんですよ。

松本:ああ、やっぱりそうか。あいつらはもう、死んでくれへんかな!!

浜田:目の当たりにしたことってありますか? たとえばその辺で撮られて「なにしてんねんおまえ!?」ってことないでしょ?

松本:ああ、ないなあ。全部隠れてやられてる。

浜田:おれこないだ、下の子が入学式やったんですよ、小学校のね。ほんで車停めて、正門のほう入ろうとしたら目の前で、カシャン、カシャンて写真撮ってやがって。もうなんかいっぱいみんな楽しそうな親子連れが校門を入ろうとしてる横でおれだけ「なにしとんじゃオラァ!!!」言うて。

松本:(笑)おれ一回ひどいのあったで。『××××(写真誌の名前)』。最低やで!!

浜田:またエロビデオ借りてるとこ撮られた?

松本:ちがうねん、一回『××××』がダウンタウンを取材したいって向こうから来たんですよ。隠し撮りとかもうそんなんじゃなくて、お話を聞きたいんですっていうのが来たんですよ、知ってるやろ?

浜田:うん。

松本:まず最初は、浜田ひとりをやりたいと。次の週に松本をやるからって言うて。ほんで浜田はやったやん。おまえは結構和気あいあいとしゃべって、それが記事になって、「いつもこんなゴルフ練習場通ってまんねん」みたいな写真も載って、「(ピースサインしながら)こんなところでビデオを借りてまーす。マイホームパパの浜ちゃん」みたいな写真も載ってるんですよ。ああ、こんな感じでやるんやって思ってたら次の週におれのときは「写真いいです」って言われたのよ。なんで写真ええの?? おれかって行きつけのお店でこんなこと(ピースサイン)しまっせ。「松本さんはしゃべりだけで、話だけでいいですわ」って。ほんで来たんですよ「どうですか? 来年どんなことをやろうと思ってるんですか?」「まああんな感じで、こんな感じで」言うて。次の週になって見てみたら「この生意気な男のこの口はいつまで続くのだろうか」って!ええーーーーっ!!

浜田:写真は?

松本:写真なんかないねん!!

浜田:写真ないの?

松本:びっくりしたって!! ほんでね、ちょっと前にもここ何年かの写真を集めた特大号みたいなのが出てるんですよ。パーッと見てたら、過去のいろんな写真があるじゃないですか。ほんでおまえのビデオ屋の「(ピースサインしながら)こんなところでビデオを借りてまーす」も出てるわけですよ。その下におんなじサイズで、おれがエロビデオを選んでるところを盗み撮りされた写真が載ってるんですよ!! 全っ然ちがうやん!!

恋人発覚!?

松本:ちょっとわたし黒いでしょ?

浜田:サイパンやろ?

松本:サイパン行ってました。夏休みで。ただあの、1日目の夜にホテルで寝てるときに、そういえばサイパンて物凄い出るんですよね。

浜田:幽霊?

松本:そう。それを思い出して怖て怖て。2日目から山崎と抱き合うように寝ましたから。ビクンビクンしながら(笑)

浜田:そんなウソつかれても。

松本:いや、抱き合うようにはウソですけど、山崎の部屋で2人で寝ましたね。

浜田:ホンマに?

松本:ええ、ちょっと怖かったんで。

浜田:ほんで何回ぐらいオネエチャン引っ掛けたの?

松本:引っ掛けてないですよ。だっていないですもん、サイパンに。ホントですよ、家族連ればっかりで。

浜田:おれの知り合いの知り合いがなんか、あんたを見つけたんやけどな。

松本:あ、サイパンで?

浜田:はい。

松本:ほんでどんな状態でしたって?

浜田:うん…なんか部屋に入っていくのを見たっていう…。

松本:ないない(笑)絶対ウソやて。

浜田:いや、おれはそう聞いたから。「そんなんええやん別に」っておれは言うたんや。

松本:それやったら言うなや!!

浜田:(笑)

松本:あのな、おれ前から言おう思てたんやけどな、おまえはなんや結婚もして、子供もおるから、そういうのはあんまり言えへんほうがいいんじゃないかっていうのはあるじゃないですか。

浜田:はいはい。

松本:で、おまえにしたらおれは、「おまえは独身やからええやんけ」と思っておまえきは言うてるかも知らんけど、独身のほうがこれから夢がいっぱいあんねん!! これからいっぱい出会っていかなアカンねん! それをおまえは全部プチプチプチプチ潰していっとんねん!!

浜田:ちがうやん、バレたらアカン人がおるわけ?

松本:なにが? いや、おるとかおれへんじゃなくて。

浜田:こいつにはバレたくないんやと?

松本:いや、おるとかおれへんじゃなくて!

浜田:何回言うねん。

松本:わかるやろ? おれのほうがこの先未来が…

浜田:違うやん。なんかの写真撮られたって、かまへんやん。独身やもん。だからなんでイヤなん?

松本:それはあのー、……1人じゃないから(笑)

浜田:(笑)そうやって正直に言うたらええがな。

松本:…じゃなくて、たとえば今うまいこと行きかけてた人がおったとしましょうよ。たとえばですよ。

浜田:たとえばの話はいらんやろ。

松本:いやもしおったとしたときに、その話を聞いたときに、「あらなに? サイパンで遊んでいるの? もう嫌だわ」ってなられたら、僕の恋、僕の恋はどうなるの?ってことを僕は君に言いたいわけですよ。

浜田:アハハハハハ。

松本:そうでしょ? 相方に恋をつぶされる筋合いはどこにもないわけですよ。

浜田:アハハハハハ。

松本:おまえはおれの恋愛の手助けをしてくれなアカンぐらいのことなわけや。そしておれの恋愛がうまくいったら、もっと仕事を頑張ろう、もっと仕事を頑張ろう、しゃかりき、しゃかりき!

浜田:アハハハハハ。

松本:おまえはジョッキーなわけで僕のケツを叩かないといけないわけじゃないですか。それをそういうふうに僕の恋を摘み取っていかれてしまうとですね、僕もなんかフニャ~となってしまうじゃないですか。もういいや、みたいな。

浜田:ああ、なるほど(笑)まあまあ、行った先でいらんことせんようにしたほうがええよね。

松本:そらもう、全然してませんからね。

浜田:だからなんで半笑いやねん。

松本:…おまえ、ええ加減にせえよ。

浜田:アハハハハハハ。なんでやねん(笑)

松本:…ていうか、だれなんですか、それは?

浜田:高校の時の友だち。

松本:男ですか?

浜田:男。

松本:その男が、おれが女を連れて、部屋に入っていくのを見たと?

浜田:そうそう、見たって。山崎と。

松本:…つながった。

浜田:つながった?

松本:サイパン、やっぱり出るね。

浜田:(笑)

子供がビックリする?

松本:しかし世の中、腹立つこともありますよ。

浜田:おっ。なんや。

松本:めちゃめちゃありましたよ。

浜田:なにがあったの?

松本:車を乗っていました。ほんなら、狭い道があるんですよ。もちろん車は進入禁止じゃないんですよ。ほんならオバハンと、ガキがミカン箱みたいなのにコマついたやつをガラガラガラガラ引いて。オバハンもなんかそれを「フッ、カワイイわね」みたいな感じで。道のど真ん中を!! なにしてんの!? と思て。

浜田:まあ、ええやん、後ろ気づいてないのやろ?

松本:全然気づいてないんですよ! さあ、ここで質問です! あなた、これ車に乗ってる立場として、どうします?

浜田:(クラクションを)フォンってやったらええんちゃう? そんなバーーッとはやれへんで。

松本:そうですよね、はいこれ良いこと言った! やりましたよ、やりましたよ! できるだけやさしく「ファーン」てやりますよね。でも考えてください、「大きいクラクション鳴らしやがって」とかよく言うでしょ? クラクションの音は、どうしたって一定なんです。長さの問題なんです!

浜田:そらそうや。

松本:オバハン、ガッ!(振り返って睨みつけてなにか言ってる)

浜田:そんな顔じゃなかっただろうけど(笑)

松本:おいおい勘弁してくれと。歩道やないんやと。そこはでも僕も大人ですから、昔みたいにワーッと言いませんよ。窓フワーッと開けてね。「なに?」って言うたんですよ。ほんならオバハンが「子供がびっくりしてるじゃないですか!!」て言うたの。

浜田:(笑)ほんでどうしたの。

松本:それなら僕、まだそのオバハンと話が出来たんですけど、ここへなぜだか知りませんけど、町内のノリなのか、近所付き合いのなんかなのか知らんけど、でっかい犬連れたオッサンが「オイオイオイオイ!!」って来て、「タレントだったら何してもいいのか!!」ええーーーっ!?

浜田:アハハハハハハ。

松本:そうなん? タレントやからやったの、おれは?

浜田:アハハハハハハ。そういうのおまえホンマついてないな(笑)

松本:なんなんでしょうね!? 子供がびっくりした、子供がびっくりした言うんですよ。でも子供もそのオッサンの連れてる犬も、こんなんですよ。なんにもびっくりしてないし。

浜田:あ、そう。面白いなあ(笑)

松本:じゃあね、じゃあ百歩譲ったとしてですよ、子供がびっくりしたとしましょうよ、僕のクラクションで。…子供がびっくりして、なぜアカンの?

浜田:うーん。

松本:子供ってびっくりしたらアカンの? この先あの子供をびっくりさせんように育てるのは無理!! クラクションを聞かさずに大人まで成長させることは無理!! どうすんのどうすんの! じゃあクラクションてなに? クラクションてなに?

浜田:(笑)

松本:じゃあ車乗ってて、青信号に気づいてない前の車がいました。鳴らしたいよね、鳴らしたいよね? でもその前の車に子供が乗ってるんじゃないだろうか? びっくりするんじゃないだろうか!?

浜田:うるさいな、おまえ(笑)ええねん、もう。

松本:友達と待ち合わせに来ました、車で来てんのに友だち気づいてません、ファンってやろうかな、いや待てよ、こっちに子供がいるかもしれないぞ、子供びっくりさせたらいけないからな! …生活できません!!

浜田:(笑)

 

アキコの俳句

松本:あんまね、テレビで言いたくないんですけど、うちのババアが、最近俳句に凝ってるんですって。

浜田:別にかまへんやん(笑)

松本:俳句クラブみたいなんに通ってるんやて。まあ、勝手に通ったらいいんですけど、手紙をね、送ってきたんですよ。

浜田:俳句書いたあんの?

松本:俳句がね、40個ぐらいあるんですよ。

浜田:それは、どうしてほしいの。

松本:人志に読んでほしいって。

浜田:ああ、なるほど。

松本:まあ読んでたら、おっかしなってきて。アホちゃうかなこのババア、と思って。ひどいですよ。

浜田:(笑)どんなんやの?

松本:おれも覚えてもうたけどね、あんまりひどいから。かなりびっくりしたのが、「胸キュンと 愛と涙の サスペンス」

浜田:(笑)

松本:意味わからんでしょ(笑)

浜田:笑かそ思ってるよ(笑)

松本:いや、マジなんですよ、彼女は!

浜田:笑かそ思ってるよ。全部そんなんやろ、だから。

松本:いや全部そんなんじゃないです、ちゃんとしたきれいなんもありましたよ。「ポイ捨ての 空き缶踊る 通り雨」

浜田:うーん、まあまあ、きれいかどうかはわかれへんけど。

松本:まあ40個あってこれだけですわ。あとはひどいもん!「カーネーション 贈るかあさん もういない」。悲しい、悲しい!

浜田:それはええやん(笑)

松本:誰のことを言うてるのか。脅迫かい、みたいなさ。アカンアカン、そんなん。なにを言うねんババア!(笑)

浜田:でも、まあまあ、わかるやん。「出来たぁ!」思たんやろ、本人は。

松本:いや、びっくりしますね。

浜田:もっと送ってもらいや。いっぱいあるで、たぶん(笑)

松本:「捨てました どうせ拾った 恋でした」って。いやいやいやいや、いつのことを言うてんの? 本人のこと?

浜田:気持ち悪い、もう(笑)

松本:(笑)70近いババアが40近い息子に言うことか!?

浜田:アハハハハハハ。

松本:いつ捨てたんや、思て。拾ったのどんなんやったん、て。

浜田:やめて、知ってるだけに気持ち悪い。おれ小学校から知っとんねん。気持ち悪いなあ。

松本:ホント気持ち悪いですよ。だから1回どっかで捨ててるんですよ、恋を。

浜田:それはなに、ジョウイチじゃないやつと?

松本:ジョウイチじゃない相手と、そういう淫らな行為があったんですよ。

浜田:アハハハハハハ。

松本:まあ、すぐさすみたいなとこはあるらしいから。そら本人もチラチラ言うてましたわ。

浜田:え?「あたし、すぐさすねん」て?(笑)

松本:僕が小学校低学年のときに言うてましたわ。

浜田:意味わかれへんからね(笑)

松本:「おかあちゃん、そういうとこあるで」って。

浜田:アハハハハハハ。

松本:「人志あれやで、おかあちゃんちょっと貞操が軽いで」

浜田:うるさいな! 言うたんな。

松本:「言うたんな」って、アホ!(笑)

ものすごくキレイな火星

松本:こないだあの、温泉行って。

浜田:はいはい。

松本:露天風呂入ってたんですよ、屋上に露天風呂があるいうて。ひとりオッサンがいて、大学教授やいうて、ちょっと酔うてんのかな。大学教授で星を研究してる言うて。

浜田:専門家や。

松本:「火星がものすごいよう見えてるよ」言うから、「わあ、ホンマや」言うて、めっちゃキレイかったんですよ。星全部キレイかったんですけど、「あれだけの火星はね、そうそう見れるもんじゃないから、しっかり見といたほうがいいよ」言うから、「ああ、ホンマですねぇ」言うて。ほんで部屋帰って、明け方ぐらい、だいぶ明るなってきたころに、もう一回露天行って、チャポーン浸かって、パッて見たらびっくりしたわ。完全にライトやったんですよ。

浜田:(笑)まあ夜はしゃあないわな。「キレイですねー」って、豆球に言うてたんやろ。

松本:(笑)「あのジジイどこの部屋や―ッ!!」

松っちゃんかわいそうの話

松本:ちょっとパーッと旅行でも行きたいですね、ほんとに。

浜田:行ってきたらええがな(笑)

松本:時間がないがな。これ(ガキの使い)はもう絶対週に1回あるし。これが結構ネックになるやろ?

浜田:どこ行くにしてもな。昔の『笑っていいとも』みたいなもんや。

松本:おまえ、『いいとも』休んでたやないか! 家族と旅行行くとか言うて。おれは全然休まれへんかってんぞ。

浜田:おまえが休めへんからや。

松本:ちがうねん! あーっ、ごっつ腹立つ話を思い出したぞ! あのね、ちょっと聞いてくれる? 松っちゃんかわいそうの話。あのな、いつもこいつがな…

浜田:正月やろ? 正月はいつも休み取ってるがな。

松本:正月にね、こいつが家族で、家族言うたってわけのわからん家族でっせ。

浜田:(笑)

松本:海外に行きたい言うてね。『いいとも』って正月でも3日ぐらいからやってるんですよ。ほんでおまえが、家族で旅行行きたいって言うて。(事務所が)「ああ、まあええんちゃう」って。ほなおれも休みやなって思ったら、「いや、松本だけでも出てくれ」って。いや、「2人合わせてダウンタウン、どうぞよろしく」。何回も言うたんですけど。

浜田:アハハハハハハ。何回も言うたの。

松本:何回も言うたんですよ。「どうぞよろしく」「どうぞよろしく」て言うたんですけど、「アカンアカン」て。

浜田:アハハハハハハ。

松本:ほいで、「浜ちゃんはもう、家族があるから」。なんやその「家族があるから」ってどういうことやねんて思ったけど、「まあまあ、じゃあいいですわ。そのかわり僕もどっか休み下さい」って。

浜田:そらそうやわ。

松本:「わかった、それはいつでも言ってくれたら取るから」って言われて。ほんでおれ3日からひとりで『いいとも』出て。

浜田:はいはい。

松本:ほいで僕、ビデオを撮りたかったんですよ。その撮影のスケジュールがどうしても合わへん、『いいとも』がなかったら行けるんやってことになって、あんときの1回をここで使おうと思って、仕事ですよ! 仕事ですよ! 「ここで使わして下さい」って言ったら、「ああ、べつにいいけどぉ…」みたいな。なんやその「べつにいいけどぉ…」みたいな感じは!?

浜田:(笑)

松本:ほんでね僕、ビデオのロケしてたんですよ。京都の辺におったんかな、その辺でロケしてて。「あ、ぼちぼち『いいとも』の時間や」言うて、たまたま見れるタイミングやったからパッてテレビ見たら、タモリさんがバーッて出てきて、グラサンかけて「♪いいトモロ~」

浜田:そこはええやん(笑)

松本:なんて言うんかなあって見てたら「松っちゃんが急に熱が出て倒れちゃってねぇ」。ええーーーっ!! おまえの家族旅行は大手を振って行けて、おれは仕事で休んでも熱が出たとウソをつかなあかんのかい!!

浜田:(笑)

松本:どないやねんこれキーボー、ホンマに。

浜田:だれがキーボーや(笑)

かもしれない運転

松本:どうですか、最近は。花粉症とか。

浜田:あ、僕は全然そういうの無いです。

松本:全然無いの、花粉症は。面白ないな。

浜田:ないやろ?

松本:僕もまあ、そうですね。ほんとにね、なんにもないんですよね。面白くないですわ。

浜田:帰り事故るで、そんなこと言ってたら。

松本:あのね、僕は絶対事故らないですね。

浜田:絶対なんてなんで言い切れんねん、わかれへんがな。

松本:確実に避けれます。これね、自慢話に思われるかもしれませんけど、たぶん僕ね、世界一車の運転上手いですね。

浜田:いやいや。

松本:あのね、「かもしれない運転」て知ってますか? かもしれない運転! これみんな今日覚えて帰って。急遽やけど。

浜田:いや、べつにかまへんがな(笑)

松本:かもしれない運転をもっと心に背負いましょう。

浜田:ええっ?

松本:シートに乗せましょう。トランクに積みましょう。ラジエーターに溜めましょう。

浜田:ラジエーターに溜めるの??

松本:(笑)かもしれない運転っ!!

浜田:うるさい!

松本:今もわかってましたよ、「こんなこと言うてたら殴られるかもしれない」

浜田:あのな、教習所で教えられんねん。「こう来るかもしれない」。

松本:そう、「かもしれない運転」です!

浜田:免許持ってる人はみんな知ってますよ。

松本:じゃあね、あなたどんな「かもしれない」を考えて乗ってるの?

浜田:そら、横から急に人が出て来るかもわかれへんとか、あるがな。

松本:ちゃんと「かもしれない」で言えよ、ボケ。今「かもしれない運転」の話をしとんねん!

浜田:(笑)年寄りなんか多いのよ。横から出てくるかもしれない…。

松本:もっと「かもしれない」を張れや、ボケ!

浜田:お年寄りが横から出てくる、かもしれない!!

松本:それが甘いんです。なんなんですか、「お年寄りが出てくるかもしれない」? そんなとこで終わっていいの? 「ジジイかもしれない」。「ババアかもしれない」。「和服かもしれない。

浜田:いやいや、人は人やからさ。ほなおまえ、ジジイが出てくるかもしれない運転の仕方ってあんのか?

松本:もちろん、僕は全部の「かもしれない」を。「ワイパー取れるかもしれない」

浜田:そら、直したらええがな(笑)それは整備不良やないかい。

松本:(笑)信号のこともいろいろ考えたほうがいいですよ。「3色とは限らないかもしれない」。

浜田:見たらわかるやん。

松本:でも、心の4色目があるじゃない。これ、すごい良いこと言ってるんじゃない?

浜田:どういうことなの、心の4色目って…

(スタジオの裏でガタン!と大きな音がして、2人で顔を見合わせる)

松本:今でも、「ゴリラが来たのかもしれない」。

浜田:ゴリラは来えへんと思うけど(笑)

つい出てしまう職業病

松本:浜田がさ、職業病みたいなやつで、オシッコしてたら横にオッサンが来て、ブッて屁ェこいたらおまえ「オイッ!」って言うてもうたっていうのあったでしょ。

浜田:(笑)駅の便所でね。ついつい言うてしまったんですよ。ブッ、「オイッ!」。

松本:(笑)わかる。ホンマわかる。こないだね、ラーメン屋行ったんですよ。結構回転の速いラーメン屋や。そんな酒も置いてないし、禁煙やし、食ったらすぐ出て行って、回転を速くしたいラーメン屋や。そこでおれラーメン食ってたんですよ。ほんならな、オッサン4人で「すいませーん、4人なんですけど」て来たんですよ。

浜田:なるほど。

松本:ほんなら店員の人が「あ、4人様ですと今同時っていうのは無理で、ちょっと離れて座ってもらう感じになるんですけど」「うーん。そうか」。おれ、ズルズルーズルズルー。「うーん。……待ちます」。ええーーーっ!?

浜田:(笑)

松本:オッサン4人で並んで食いたいか!?

浜田:食べたら出るだけや(笑)

松本:2・2でええやん!

浜田:(笑)

松本:なんやろ、あれ。結構な間やったで。「じゃあ待ちます」ええーーーっ!?

浜田:言うてまうわ。

松本:びっくりするわ、ホンマ。アホばっかりや(笑)

浜田:(笑)

餃子屋がやって来た

松本:「餃子ぁ~~、餃子~」

浜田:なに? レッツゴー長作さん? 急に歌いだされても(笑)

松本:ちょっと導入面白かったでしょ(笑)

浜田:アハハハハハハ。

松本:あのね。寝てましたらね。こんなんで起こされたんですよ。

浜田:家で? ホンマかいな。竿竹じゃないんかい。

松本:竿竹じゃないんですよ! おれも竿竹なら我慢しますよ。なんやねん、と。餃子売りですよ!

浜田:(笑)

松本:しかも竿竹の言い方でですよ。なんかその餃子のオリジナリティがないんですよ。ちょっと勘弁してくれ、誰が買うねん、と。車で販売してるんですよ。

浜田:はいはい。

松本:「餃子ぁ~~、餃子~。野菜餃子、カレー餃子」

浜田:種類があるからね。

松本:「野菜餃子、カレー餃子、キムチ餃子、ごぼう餃子」

浜田:ホンマか?(笑)

松本:いや、寝ながらね「ごぼうも野菜やろ!」。しかもカレーは味やし! もういてもたってもいられなくなって。

浜田:買いに走れや!

松本:買いに走ったろかな、思いましたよ!

笑ってしまった夢

松本:夢見てます、最近?

浜田:夢は見ないなあ。

松本:僕ね、たまにすごい夢を見るんですけど、こないだ久しぶりにね、起きたときにね、笑てしまいましたね。

浜田:マジで。

松本:もう起きた瞬間に、ハッハッハッハ!って。

浜田:そらなに、よっぽど楽しいの?

松本:いやもうすごかったですね。あのね、あなたも出てきましたよ。

浜田:ええっ。

松本:夢なんでボヤーッとしてるんですけどね、あれはたぶん中学なんですよ。中学のときの感じなんですよ。ほんで「全員、集まれ!」って言われて。おれと浜田と、イトウ。

浜田:はい。

松本:ワダ、で、なんか見たこともないやつの5人で集められて。

浜田:なるほど(笑)

松本:で、その「集まれ!」って言うた怖い人がいるんですけど、これたぶんね、アダチ先生なんですよ。

浜田:ああ、なるほど。わかるわかる。

松本:で、「おまえらはだいたい乱れすぎや」と。「おまえらは風紀を乱してる」って言われるんですよ。

浜田:はい。

松本:で、「おまえらの中から誰か選んで、今日は、死んでもらう」って。

浜田:いきなりやなあ(笑)

松本:そうなんですよ。普通なら「なんでやねん!」とかなるんですけど、夢なんで「そうかあ…」。

浜田:(笑)

松本:で、「今から合否を発表する」みたいなこと言われて、「松本! セーフ!」って言われたんですよ。

浜田:えっ、そういう決め方なの?

松本:おれね、そこは露骨に「やったーーー!!」って。

浜田:そら言うやろ、殺されんのやから。

松本:「よっしゃーー!!」って。他の4人なんかどうでもいいんですよ。「やったーーー!!」。で、結局ね、イトウとおまえは、死ぬことになるんですよ。

浜田:なんでやねん(笑)マジで!?

松本:ほんでね、こっからがすごいんですけど、保健室行こってことになって。

浜田:殺されるやつは保健室連れて行かれるの?

松本:保健室連れて行かれて、注射打たれるの。30分後にものすご眠たなってくるから、それで寝たら終わり、みたいな感じのことを言われて。おまえと伊藤は注射ガーッ打たれて、なんとなくなんですけど、「まあ、落ち込むなよ」って公園行くんですよ。5人でね。

浜田:まだ時間あるしね。

松本:5人で公園行ったら、草むらからヤンキー5人ぐらいが出てきて、な「なんやさっきから、誰にメンチ切っとんじゃいー!」て、グワーッつかみ合いになるんですよ。ウワーなりながらイトウとおまえをパッて見たら、こんなん(半分白目でフラフラ)なんですよ(笑)

浜田:もう死にかけてるやん!(笑)

松本:そうなんですよ、ほんで残念ながらおれは目覚めたんですわ。そんでもうブゥーーーッて笑て。凄くないですか、この夢。

浜田:死んだとこまでは見てないんや。

松本:ごっつオモロかったもん。だって、なんで闘ってんねんて思うもん。どうせ死ぬし(笑)いちおうこんなん(白目でフラフラになりながら闘おうと)してるんですよ。

浜田:(笑)

 

引用元:『ガキの使いやあらへんで』

近代お笑い史の到達点、ドキュメンタル!

U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。