ハライチ岩井 面白い腐り芸人名言集29連発まとめ【ゴッドタン・ラジオ】

かつてハライチの「じゃないほう芸人」と呼ばれた岩井が、辛辣で闇の深い毒を吐く“腐り芸”で存在感を示しています。もともとハライチのネタを作るなど、オリジナリティーのあるお笑いの実力を高評価されてきた岩井は、腐ることで唯一無二のダークなおもしろさを身に纏いました。『ゴッドタン』やラジオ『ハライチのターン』にてその本領を発揮した回から岩井語録をまとめました。

腐り芸人ハライチ岩井勇気の毒舌おもしろトーク29選

芸人風 げいにんふう

ハライチと同期、パンサー向井との会話の中でのひとコマ

向井:俺らの世代では、澤部君がやっぱり頭一つ飛び抜けてるよね。

岩井:あんな奴、1を増やすのが得意なだけで、0から1を作れないからね。0から1が作れない奴は、芸人じゃなくて芸人風なだけだよ。

引用元『ゴッドタン』

腐り芸人グランプリ

ゴッドタンで腐り芸人グランプリをやる事になり、岩井の対抗馬としてインパルス板倉と平成ノブシコブシ徳井が呼ばれたが、その事に不服そうな岩井がMC陣に噛み付く!

岩井:そもそも、この番組が俺を腐り芸人とかって最初にキャラ付けて、はやしたてましたよね?

矢作:そうだったっけ?

岩井:なのになんで新しい候補連れてきて脅かしてくれてるんすか?この番組だけは俺を脅かしちゃダメでしょ!

引用元:『ゴッドタン』

四千頭身、後藤

四千頭身の後藤が自分と同じくらいとがっていると気付いた岩井が後藤へ警告する

岩井:俺は後藤に言いたいわけ、とがったまま行け、と。でもとがったままこの先行けたとしてもその先で多分俺とかち合う事になるぞ、と。その時俺に勝つ覚悟があるならとがったまま行けよ、って俺は後藤に言いたい。

引用元:『ハライチのターン』

トガったまま行かせねぇ

先輩からの助言に対する岩井の解釈

岩井:昔から先輩に常々言われきたんだけど「もっと可愛いげ出せよ」とか、「とがってんじゃねぇよ」とか。その当時の俺はさ、とがったまま行けなかった先輩が「俺がとがって行けなくて折れたのに、お前だけとがったまま行かせねぇぞ??」って言ってるように聞こえてたの。

引用元:『ハライチのターン』

澤部をころそう

楽屋のノリを漫才に持ち込もうとした澤部に対して目覚めた岩井の殺意

岩井:昔さ楽屋で俺たちのノリボケ漫才を先輩達がふって澤部にやらせてた時あったじゃん。

澤部:あったかなぁー?

岩井:で、「こんなフレーズいいじゃん」って先輩達に言われてたのを澤部が俺のところ持ってきて、「今日のネタでどうかな?」って言ってきた時、俺は澤部を殺そうと思ったんだよ本当に。

澤部:ハハハハハ(高笑い)

岩井:俺が必死こいて作ったネタに楽屋のノリを持ち込んでくる。俺はその時先輩達を含め澤部を殺そうと思ったんだ。

引用元:『ハライチのターン』

服装1

芸人の私服について厳しいダメ出しをする岩井
岩井:芸人の私服で、小太りでメガネかけててメッシュキャップ被ってるやつ、ぜってー売れねーと思ってるんだよね。いるっしょ?
澤部:いるなー。(苦笑)
引用元:『ハライチのターン』

服装2

芸人にとってNGな服装の話になって

岩井:芸人にとってNGな服装ってあると思うのよ。コンビで短パンでシャツでネクタイしてて、それが二人とも揃ってるやつ。これ絶対売れないと思うんだよね。

澤部:たまーに見かけるかなー(苦笑)

引用元:『ハライチのターン』

話しかけるな

東京を離れる事になりこの先会う機会も減るであろう後輩芸人トシボーイが岩井に挨拶しにきた時の話

岩井:トシボーイがさ挨拶に来たのよ。

澤部:あー、来月から名古屋に行くんだよね。

岩井:そう。おはようございますって挨拶しにきたんだけどさ、「もう可愛がってもしょうがないんで話しかけないでください」って言った。

澤部:言ったの!?あんなに可愛がってたのに!ひどいなー。

引用元:『ハライチのターン』

陸軍キャンプ

事務所ライヴのため楽屋入りした時の話になって

岩井:楽屋入りしたらさ、30人くらい出演するのにさ、20畳くらいのところに芸人がギュウギュウに詰め込まれててさ。

澤部:きったねーんだよな。

岩井:で、荷物も置いてあって人もごった返してるからみんな床に座っててさ、ここは陸軍キャンプかよって俺は思ってたよ。

岩井:お前陸軍キャンプかよってずっと思ってたの(笑)

引用元:『ハライチのターン』

ウソつき

自分が週刊誌に狙われているんじゃないか、という澤部に岩井が一言

澤部:次、週刊誌が狙ってるの佐藤栞と澤部らしいよって、いろんな人に言われるのよ。

岩井:誰が言ってんだよ?

澤部:ナイツの塙さんとか。

岩井:ただのウソつきじゃねーか!!

澤部:やめなさい!

引用元:『ハライチのターン』

モデル・ゴルファー

ノブコブ吉村:モデルにも厳しいよね。

岩井:モデルなんか、足にクリーム塗ってるだけの職業じゃないですか。

全員:(苦笑)

岩井:できますもん、だって。モデルのやってること全部。

小木:でもあれはキレイだから…。

徳井:天性の素質だから。

岩井:天性の素質でしょ。天性の素質じゃん。だったら偉そうにすんじゃねえよ、っていう話(笑)

徳井:もともと天性のすごい人が努力してるわけじゃん。すごい人が努力して、プロ野球選手になるわけじゃん。

岩井:ゴルファーとかでもさ、ゴルファーなんてお金ないとできない職業じゃない。だったらもっとうまくなれるやついるだろうな。へっ(笑)

全員:やな笑い方するな(笑)

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

ブログ

最近の芸能界を見て腐ってるな、と思った事は?という質問に対して

岩井:ママタレ、イクメンのブログには「以下の文章を使いお金稼ぎをさせてもらうために書きました」と頭につけろと思う

小木:可愛いわが子を載せたりとかだってあるじゃない。

岩井:いやホントに可愛いと思ってたら載せないでしょ、写真とか。晒されるんですよ。そんなもん子供を食いもんにしてるだけじゃないですか。

全員:(笑)

岩井:「わたしは、わが子でお金稼ぎをするために以下の文章を書いてます」って頭に載せろっていうね。

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

劇団女優と喧嘩

岩井がある劇団女優と飲んでいたとき、その女優さんが「うちの劇団は笑い的にも面白いから」と言った途端、「お笑いライブと劇団ではハードルの高さが違う。お笑いライブでは劇団の笑いはまったく通用しない、レベルの低い笑いだ」と舞台女優に言い放っていたというエピソードが紹介される。

小木:言われた女優はどんな感じだったんですか。

岩井:喧嘩になりましたよ、普通に。

全員:ええーっ。

岩井:喧嘩になる意味わかんないですけどね。もう完全に論破してるはずなのに。

全員:(笑)

矢作:向こうはお笑い芸人さんでも笑わせる自信があったんじゃないの?

岩井:いや、そんなわけないじゃないですか(笑)

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

下請け

岩井:なんか、ゼロから笑いを創造できない人間って、「下請け」じゃないすか。

徳井:でも岩井って1から100にできないよね。たしかにゼロを1にするやつが一番偉いのはわかってるけど、お金で言うと1から100は100倍じゃん。経済効果で言うと100倍だから…。

矢作:ギャンブル脳の発想だ(笑)

岩井:いやいや、まずゼロから1にしないとそいつら存在できないわけじゃないですか。だからもうちょっと感謝しろよっていうこと。

全員:(笑)

岩井:感謝して、引き上げろよってこと(笑)

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

MCとしての立場

MCについて岩井がぶった切る

岩井:ハライチの漫才を作ったのは俺なんですよ?で、バラエティ出た時MCがネタのフレーズを言うんですよ。それが30点ぐらいのフレーズなのに、MCという立場を使って大笑いをかっさらっていくんです。

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

30点のお笑い

インパルス板倉が、わざとらしいグルメリポートの仕事をする人気タレントをディスる発言をすると…。

岩井:板倉さんの言うことめちゃくちゃわかりますね。おれらの思う100点のお笑いがあるじゃないですか。でも、ゴールデンとかのバラエティのお笑いって、30点ぐらい出せばいいんですよね。それがちょうどいいんですよ。その30点を、100点だと思ってる芸人が売れるんですよ。

全員:(笑)

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

ハライチの漫才を創ったのはおれなのに

板倉:インパルスもそうだけど、ハライチはコンビ間格差がインパルスより激しいので、岩井のほうが可哀そう。自分の状況を憂うとき、「岩井よりはマシ」と思うようにしてます。僕ね、澤部が1人でCMやってるのとか、岩井のことを考えると胸が張り裂けそうになる。どういう気持ちで見ればいいのって。だってあれを開発したのは岩井なわけじゃない。

岩井:ハライチの漫才を作ったのって、おれじゃないですか。バラエティとか出たときにMCが、おれらのネタみたいなフレーズを言うんですよ。それも、なんか30点ぐらいのフレーズなのに、MCという立場を使って大笑いをかっさらっていく。ほんと泥棒なんですよMCは。

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

キング・オブ・腐り芸人

板倉、徳井を退け、「キング・オブ・腐り芸人」に選ばれた岩井のコメント。

岩井:この番組でけっこう腐ってるとか、イジってもらえるじゃないですか。視聴者からも「面白いぞ」って言われるんですけど、一向に他のバラエティに呼ばれないんですよね。それってなんでかわかります?

矢作:なんでですか。

岩井:腐ってるからです(笑)

全員:(笑)

引用元:『ゴッドタン』 2017年9月16日放送回

6千円の物件

後輩のトシボーイが探してきた物件の家賃が安すぎる件について岩井の見解

岩井:トシボーイがさ名古屋に行くんだけど、住むところの候補の物件の家賃を聞いたら1Kで家賃が6千円なの。

澤部:えー!!

岩井:で、管理費が1万円なの。いくら名古屋と言えども1Kで1万6千円は安いよ、と。事故物件だとしても安すぎるでしょ。殺人事件とか起きて、そのままなんじゃないの?って思ったよね。

引用元:『ハライチのターン』

野暮なことは言うまい

千鳥の大悟とフルーツポンチ村上と南キャン山里と岩井の四人でカラオケバーに行った時の話

岩井:大悟さんが「わしゃカラオケと言ったら山里のシェリーが聴きたいのう」って言って大悟さん直々にシェリーを入れたのよ、でマイクを山里さんに渡そうとしたら山里さんが爆睡してるの。で、起こそうとしても全然起きないの。大悟さんも気まずくなってカラオケ止めてさー。

澤部:もー。

岩井:そっから2時間くらいしたら山里さんが起きて大悟さんがまたシェリー入れて山里さんが歌ったんだけどさ、サビのところにくると山里さんが「どうだ!これが俺と大悟さんが築き上げてきた絆の深さだ!」みたいなドヤ顔してきたんだけどさ、寝てる間に大悟さんが入れた1回目のシェリー無視してるわけじゃん?とんでもねぇミスおかしてますけどね、って俺は思ったんだけど山里さんのドヤ顔と大悟さんに向けるキラキラした顔を見たらさ「野暮なことは言うまい」って思ったよね。

引用元:『ハライチのターン』

上級仲良いアピール

千鳥の大悟の飲み会に途中から参加した岩井、そこでのひとコマ

岩井:大悟さんに呼ばれてお店行ったらフルーツポンチの村上さんと南キャンの山里さんが既にいたのよ。

澤部:ほうほう。

岩井:フルーツポンチの村上さんが「岩井が来る前に話したあの話おもしろかったですよね~」って、俺が来る前に話した話がどんだけ盛り上がったって事を大悟さんに言って、俺は大悟さんと仲良いんだぞ、アピールをしてくる訳なんですよ。

澤部:あの人そういうことしそう(笑)

岩井:で、すかさず南キャンの山里さんが「岩井が来たのに、岩井が来る前に盛り上がった話をして大悟さんと仲良いアピールするのやめなさいよ」と言ってくれたんだけど、これって分かる?

澤部:え、なになに?どいうこと?

岩井:これは後輩の仲良いアピールを注意するっていうもう一段階上の上級の仲良いアピールなんだよ。

引用元:『ハライチのターン』

趣味でやってるバンドのライヴに後輩のトシボーイがいた時の話

岩井:ライヴ会場についたら後輩のトシボーイがいるのよ。「来ちゃいました」とか言って。俺ライヴの事に関しては全然声かけてないのよ、普段は仲良いけどさ。だから「こいつ、無から湧いてきた!」って思ったよね。

引用元:『ハライチのターン』

しょくぱんまん

しょくぱんまんについて調べた岩井の考察

岩井:しょくぱんまんは食パンを学校に納品してるじゃない?学校っていったら大口顧客ですよ、食いっぱぐれる事もない。だから、しょくぱんまんのしょくは食いっぱぐれる事が無いの食(しょく)だと思うんだよね。そもそも食パンって食いぱなぐれ無いっていう意味でしょ?

引用元:『ハライチのターン』

NYに行きたがる県民

岩井:遂に綾部さんがNYに行っちゃったね。

澤部:だね。

岩井:確か直美(渡辺直美)もNY行ってたよね。

澤部:行ってた。

岩井:確か二人とも茨城県出身だよね、茨城県民ってそういう感じなのかな?

引用元:『ハライチのターン』

チョコレートプラネット長田

岩井の大好きなパンサー向井とカラオケに行ったら同じく向井くんの事が大好きなチョコレートプラネット長田が現れた時の話

岩井:チョコレートプラネットの長田はさ、口では向井くんの事別に好きじゃないとか言ってるけど、ぜってー好きなんだよ。

澤部:そうかな?前聞いたら「別にそんな事無いけどなー」って言ってたよ。

岩井:それよ!ホントに好きじゃ無かったら「別にそんな事ないけどなー」って言わなくね?「は?何言ってんの?」ってなるでしょ。

澤部:そうなのかなー?

岩井:で、カラオケ始まったんだけどさ、長田さんが一曲目からT-BOLANの離したくはないを歌い出してさ、「お前、(向井を)おとしにきてんじゃねぇか!」と思って。

澤部:メッセージビンビンの曲!

引用元:『ハライチのターン』

パンサー向井

パンサー向井がかわいいという話になって

岩井:この前パンサーの向井くんとご飯食べる事になってさ、もう楽しみ過ぎて待ち合わせ場所にも15分くらい前に着いちゃったの。

澤部:パンサー向井くん大好きだからね。

岩井:でさ、待ってたらLINEがきてさ「お腹減った!焼き肉食べたい!」って。もうそのLINEがかわいいくて。もう〜しょうがないいねぇこの子は、と。あのわがままぶりっ子な感じはキャバ嬢みたいな感じだよ。

引用元:『ハライチのターン』

仕事の話

大好きなパンサー向井を少しディスる岩井

岩井:俺はさ、飲み会の時とかあんまりお笑いの話とか仕事の話とかしないのよ。でも向井くんはけっこう仕事の話するのね。「あの時あれ失敗しちゃったー次はもっとうまくやりたいなー」とか。ストイック自分大好きだからね。ストイック自分大好きなんだよね、向井くんは。ストイック自分でいたいんだよ。

澤部:それ軽くディスってない?

引用元『ハライチのターン』

お持ち帰り

岩井が大好きなパンサー向井と焼き肉いった時の話になって

岩井:向井くんのおすすめの焼き肉屋さんに行ったんだけどさ、向井くんは一杯目からウーロン茶なんだよ。

澤部:お酒あんまり飲めないからね。

岩井:一杯目からウーロン茶ってもはや警戒されてるのかな?と思ってさ。酔ったら(岩井に)お持ち帰りされるから酔わないようにしてんじゃないかな?とか思ったの。

引用元:『ハライチのターン』

 

お香

お香について語る岩井

岩井:常々お香だけはやるまいと思ってるのよ。

澤部:なんで?匂いとか?

岩井:いや。花とかさ観葉植物とかは育てるのが好きっていうベクトルがあるのよ。

澤部:うん。

岩井:でもお香はさ、真っ向からおしゃれしにいってるじゃん。焚きにいってんじゃん?

澤部:お香は焚きにいかないと焚けないからね。

引用元:『ハライチのターン』

後輩アイク

事務所の後輩、超新宿のアイクの話になって

岩井:アイクっているじゃん?

澤部:あの超新宿に後から加入したアメリカ人の後輩ですね。

岩井:国の違いなのかなぁ、たまにアイクわからねぇーってなる時があるの。おはスタで一緒に番組やってるんだけど、ある日新人アナウンサーが見学に来ててさ、ずっと立って見学してたの。でもアイクがさ「そこのイス空いてるから座ればいいじゃん」ってイスをその子にすすめてるわけ。

澤部:新人だしね。周囲の目もあるし、座れないよね。

岩井:そうなんだよ!その子も大丈夫です、って言ってるんだけどアイクもけっこう何回もイスをすすめるの。だから俺が「新人だし、あいつ座ってるのかい、って思われる方が嫌だろうからあのままでいいんだよ」って言ったらアイクが「でもイス空いてるんだから座ればいいじゃん」みたいなやり取りを何回かしたらアイクが「もう分からないよ!」って言い出したの。いやいや、分かる分からないの前に俺が先輩だから。

澤部:そうだね。先輩岩井の意見だからね。

岩井:でしょ。もう先輩と後輩飛び越えて、日本人と外国人のやり取りになってた。

引用元:『ハライチのターン』

近代お笑い史の到達点ドキュメンタル!

Huluならお笑い番組も見放題!

Huluはガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。