サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

【令和】面白いお笑い芸人ランキング ベスト100!2019年度決定版!

79位 ジャングルポケット

2006年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BVKLvX2hVJT/

斉藤とそれ以外の2人、という初期のイメージからはすでに脱しつつあり、最近はポンコツでデリカシーがないが意外にスポーツが出来るおたけがフィーチャーされたりと、トリオとしての活動は好調のようです。2018年に見たネタの中では「アジト」と「エレベーター」が秀逸でした。

78位 田中上野

2013年結成 グレープカンパニー所属

https://twitter.com/shinichi0421/status/1088061131833323520

『サラリーマン山﨑シゲル』がベストセラーになった漫画家の田中光と、「お見送り芸人しんいち」の名で活動している芸人・上野によるユニット。上野がギターと歌を担当し、田中が描いたハイクオリティの絵をめくっていくというネタで、どことなく哀愁漂うせつない絵と展開が面白い。「河童の川流れ」「鬼に金棒」が面白かった。

77位 ガンバレルーヤ

2012年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BsFwQConGiC/

よしことまひるによる大人気コンビ。平場のトークはたぶん女芸人ではいちばん面白いし、ロケでも、体を張ったバラエティでも、エピソードトークでも、すべてに期待以上の結果を残すオールマイティ芸人。その露出のわりにネタがあまり披露される機会が少ないのは、ネタが粗削りでもうひとつ評価されていないからだと思うのだけれど、わたしはこの2人の、粗いけど型破りなネタが大好きです。昨年では特に「おばあちゃんと人形」「匂い当てゲーム」「化粧品売り場」が面白かった。

76位 三拍子

2001年結成 サンミュージックプロダクション所属

https://www.instagram.com/p/BsEoJECnDLO/

イケメンのボケ担当の高倉陵とツッコミの久保孝真による漫才コンビ。漫才の巧さ・面白さには定評があり、2018年9月に放送された『ENGEIグランドスラム』内での企画、「芸歴15年以上でその面白さがまだ世間に伝わっていないが、同業者から見て本当に面白いと思う芸人ベスト10」というアンケートで見事1位に輝きました。「ツッコミゲームアプリ」「遊び」、そして『時事ネタ王2018』での「財務省決算文書改ざん」のネタも面白かった。

75位 ゆりやんレトリィバァ

2013年より活動 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BmOV0cQlP7F/

『女芸人No.1決定戦THE W』の初代女王となったゆりやんでしたが、2018年の第2回決勝戦ではびっくりするほどの大スベリでまさかの初戦敗退に。バラエティの平場でもそうですが、スベることをまったく恐れずにガンガンボケる、その心臓の強さが素晴らしいです。「人の罪を懺悔」「苦労えもん」「昭和の女優」「きたな国から」が面白かったです。

74位 友近

2000年より活動 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/Bq1SlPWhvRt/

ひとりコント、モノマネ、そして歌と、なにやらせても達者で、女芸人ではナンバーワンの実力の持ち主であることは誰もが認めるところ。最近ではゆりやんとの名コンビで「今どき女子」のネタを披露したり、『松本人志のドキュメンタル』でも2人で即興コントを延々と披露するなど、また新たなふざけ方を覚えたようです。ピンネタでは「葬儀屋のオッサン」が面白い。

73位 ミキ

2012年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BsDSD1ZHOSN/

2018年は敗者復活からM-1ファイナリストとなり、大舞台映えするテンポのいいネタで観客を沸かせました。劇場では一番人気、バラエティでも兄をイジって話を拡げる亜生と、イジられたときの爆発力が素晴らしい昂生のコンビは今後ますます露出が増えていくと思います。昨年では「新婚旅行」「サザエさん」「妹」のネタが面白かった。

72位 博多華丸・大吉

1990年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/Bs-P1TWnKCV/

昨年からは『あさイチ』でNHKの朝の顔に抜擢された、まさに国民的漫才師。オジサンあるあるをネタにした漫才は、お笑い好きの若者だけでなく中高年も引き込むことが出来るのが大きな強みです。ほのぼのとした空気の漫才に癒されます。昨年のネタでは「イカ不漁」が面白かったです。

71位 ザ・ギース

2004年結成 ASH&Dコーポレーション所属

https://twitter.com/owarai_natalie/status/1084992595254595584

ツッコミの高佐一慈とボケの尾関高文によるコンビ。NHKの『オンバト+』では無傷の15連勝を達成するなど、その実力は折り紙付きです。昨年は『キングオブコント2018』で3年ぶりのファイナリストして出演し、知名度をさらに拡大しました。「エレベーターピッチ」「焼肉」のネタが面白いです。

70位 ペンギンズ

2015年結成 サンミュージックプロダクション所属

https://www.instagram.com/p/BjR_g9KA4ia/

アニキとノブオによる、やくざ風キャラでの漫才コントを得意とするコンビ。だんだんネタが拡がりを見せ、どんどん面白くなっている印象。「コンビニ」「小さい頃の遊び」が面白かった。

69位 きしたかの

2012年結成 マセキ芸能社所属

https://www.instagram.com/p/BshTDrint8k/

ぽっちゃりのボケ担当・岸大将と薄毛のツッコミ担当・高野正成によるコンビ。『ぐるナイおもしろ荘2018夏』に出演し、よく練られたネタで強い印象を残しました。見た目はちょっと老けていますが、2人とも平成生まれ。彼らのネタもいかにも新世代らしい、意外な展開が魅力です。「合格発表」のネタがお薦め。

68位 ゾフィー

2014年結成 グレープカンパニー所属

https://www.instagram.com/p/Bke-SxVnBxx/

ボケの上田航平とツッコミのサイトウナオキによるコンビ。『キングオブコント2017』ではファイナリストにもなりました。サイトウは芸人をやりながら居酒屋チェーンの専務取締役も務めているという変わり種。上田がネタを書く代わりに、サイトウが食事代などを払うという珍しい関係性のコンビです。「感情が芽生えたロボット」「先生と生徒」「娘さんをください」が出色。

67位 流れ星

2000年結成 浅井企画所属

https://www.instagram.com/p/BbWDlWAlT6d/

ボケのちゅうえいとツッコミの瀧上伸一郎による漫才コンビ。ちゅうえいがギャグを連発するスタイルの漫才を得意としていますが、ネタは瀧上が作っています。年末恒例の『THE MANZAI』では毎回観客の爆笑をさらい、番組顧問のビートたけしからも絶賛されています。ネタはどれも面白いですが、出身地の岐阜県をネタにした「ギフニーランド」は、東海地方に住むわたしには嬉しいネタでもありました。

66位 ヒガシ逢ウサカ

2010年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BsELjM4nABR/

ツッコミの高見雄登と坊主頭のボケ担当・今井将人によるコンビ。『ネタパレSP』の企画「若手ニューイヤーグランプリ」でブッ飛んだネタを披露して優勝し、芸人の総合力が試される『千原ジュニアの座王』でも今井が優勝するなど、今ノリにノッてるコンビです。「空き巣」「ホームルーム」「弱いお父さん」が面白い。

65位 2丁拳銃

1993年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BqWPpbYHhMc/

ボケの小堀裕之とツッコミの川谷修士による漫才コンビ。毎回、彼らのネタを見るたびに、なんでもっと売れないんだろうと不思議になります。修士の嘆きツッコミによる脱力漫才「室伏と踝」や、独特のスタイルの漫才「ちょうどええ」が面白い。

64位 南海キャンディーズ

2003年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BrcbmBYBB0G/

2017年の突然のM-1再挑戦から、ネタが急に面白くなった印象の南海キャンディーズ。その理由が、お互いを共演NGにしていた山ちゃんとしずちゃんの歴史的和解だということを自ら暴露した『しくじり先生』にいたく感動しました。やっぱり漫才師というのはコンビ仲が良くなければ面白い漫才が出来ないという単純なことがよくわかりました。「ママタレになりたい」は、山ちゃんの毒舌が冴える出色のネタ。

63位 中川家

1992年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/Bj8vGebn7SC/

M-1グランプリ初代王者。観客そっちのけでアドリブを入れながら2人で漫才を楽しんでいる、あの独特の空気感は若手芸人たちの憧れにもなっています。あんなふうに漫才が出来たらもう漫才師として「勝ち」とういことですね。「運転教習」「テレビショッピング」のネタが面白かった。

62位 大自然

2015年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BtHIth7HBVk/

ボケの白井と、良い声でゆっくりとツッコむ里によるコンビ。若手としては考えられないほどじっくりとした間で、やさしく諭すようなツッコミが特徴の、癒し系漫才。まだ結成4年目ながらネタの完成度は高く、先輩芸人たちも絶賛。「野球」「鶴の恩返し」面白い。

61位 横澤夏子

2009年より活動 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

https://www.instagram.com/p/BrNdK9IgwtL/

「ちょっとイラっとくる女」シリーズはあるあるネタなので、それ自体は目新しくはないけれど、横澤夏子の話術と演技力の高さによって、他の芸人には無いオリジナリティと面白さがあると思います。『THE W 2018』では惜しくも準優勝でしたが、わたし個人の評価では優勝でした。「ちょっとイラッと来る女」「運動会」そして『時事ネタ王』で披露した「仮想通貨流出」も面白かったです。

60位 Gパンパンダ

2017年結成 ワタナベエンターテインメント所属

https://www.instagram.com/p/Bsk2lxqnc2i/

星野光樹と一平によるコンビで、2人とも早稲田大学卒業であることから「高学歴コンビ」としても知られています。昨年の『第5回NHK新人お笑い大賞』で優勝。2年目ながら、斬新かつ完成したネタで、度肝を抜かれました。これはもう、あっという間にキングオブコントの王者になるような、すごいコンビになるのではないかと思います。「データボクシング」のネタが傑作。