サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

ロバート秋山・馬場・山本 面白いエピソードトークまとめ31選!【イケてない学生時代】

福岡県出身の秋山と馬場は幼稚園から高校まで同じの幼なじみで、群馬県出身の山本とはNSCで知り合いました。もしかすると、同じ「イケてない」思春期を過ごした匂いに魅かれて集まったのかもしれません。

サバンナ高橋のプレゼン企画から始まり、『アメトーーク』の大人気企画として計5回放送され、ギャラクシー賞まで受賞した「中学の時イケてないグループに属していた芸人」シリーズのすべてに3人は出演。その甘酸っぱくせつない、抱腹絶倒のイケてない思い出トークをまとめてみました!

与謝野晶子

『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』に秋山、馬場、山本が出演。出演者は他にサバンナ高橋、麒麟川島、博多大吉、笑い飯西田など。当時のイケてないあだ名とその由来について語る。

宮迫:ちなみに、あだ名的なものはあったの?

山本:「与謝野晶子」って呼ばれてたんですよ。

蛍原:え? なんで?

山本:学校の授業中に、選挙の演説の車が来まして、「山本、山本アキコでございます!」って言ってんですよ。それに誰かが反応して、僕を見るたびに「山本、山本アキコでございます!」ってなって。それで僕は「山本アキコ」になったんですね、一時期。

宮迫::「一時期」(笑)

山本:その一週間後ぐらいに、授業で詩人の「与謝野晶子」が出てきたんですよ。そしたら「晶子」のほうを取っちゃって、与謝野晶子になっちゃって。僕の原型ゼロなんですよね(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

釣りジャン

蛍原:馬場ちゃんのあだ名は?

馬場:服に関心がなくて、それこそお母さんが買ってきた服をそのまま着たりとか。一時期おじいちゃんからベストをもらって、チャックがものすごい付いてたんですよ。僕それ「カッコイイな、チャックがいっぱいついてて」と思って着てたら、だれかが「おまえのそれ、釣りのジャンパーじゃねえの?」って言い出して。

全員:(笑)

馬場:「釣りのじゃねえよ、これチャックがいっぱいついてオシャレなやつだよ」って言ってたら、「ちょっと貸してみろよ」ってチャック色んなとこ開けだしたら、釣り用のガン玉っていう鉛がいっぱい出てきて。

全員:(笑)

馬場:「これおまえ、釣りのやつだろ」ってなって、そっから「釣りジャン」です(笑)

蛍原:それは付くわ(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

ショルダー

秋山:あだ名はもう、肩幅があったんで、ずっと「ショルダー」って呼ばれてました。

全員:(笑)

秋山:制服の肩がパンパンで、中3のとき、肩からパカッて袖が取れたんですよ。

全員:(笑)

秋山:ちょっとずつ糸がほつれてきて、ホントにパカッと取れたんです(笑)縫ってもらいました、保健の先生に。

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

馬場の「ささやかな楽しみ」

イケてなかった中学時代の、「ささやかな楽しみ」を語る。

馬場:バス通学だったんですけど、僕が乗るところが始発だったんですよ。で、その途中でヤンキーが乗ってくるんで、僕がいちばん後ろを陣取っとくんですよ。で、ヤンキーが乗ってきたら「ここ空いてるよ」って言うと、「おう馬場、ありがとう」って言ってくれる、「ありがとう」のために、ヤンキーが乗ってくる時間も調べて…

観客:ひぇ~…

蛍原:馬場ちゃん、今日初めて客引いたで(笑)

馬場:ささやかな楽しみだったんです、僕の。

宮迫:そこだけヤンキーよりちょっと自分が上に立てるからな。

馬場:「おう、ここいいよ」って言えるんです。

宮迫:「ありがとう、馬場」。

馬場:そこでゾクゾクゾクってするんです。

全員:(笑)

馬場:あと、トイレ掃除の当番の時なんですけど。普通に掃除しただけだとあんまり臭いも消えないじゃないですか。だから家から歯磨き粉を持ってきて、それで最後仕上げに磨いて。掃除終わった後、みんながトイレに来て、「なんか、歯磨き粉の匂いがする」って言ったら、「実はおれが家から持ってきてやったんだぜ」って思うのが、ささやかな楽しみです。

全員:(笑)

蛍原:それ言えへんの?

馬場:言っちゃダメです。言わないのが美学です。

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

秋山の「ささやかな楽しみ」

イケてなかった中学時代の、「ささやかな楽しみ」を語る。

秋山:カップルとか、付き合ってる人らの女の子とかを、完全に妄想でオカズにしちゃうんですよ。それでそのイケてるやつに「ざまあみろ、おまえの彼女をオカズにしちゃったぜ」って思うんです(笑)

高橋:想像は自由やもんな。

秋山:そこぐらいしかないんで。付き合えないから。

宮迫:ただおまえ、熟女好きやからオカンとかのほうが好きやろ。

秋山:たしかに授業参観のときとか、香りがたまらなかったですね(笑)なんかシブーい匂いするんですよね、お線香みたいな(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

秋山の「女子との貴重な思い出」

中学3年間、女子と話をしたことはほぼなかったと話す中学の時イケてなかった芸人たち。そんな彼らが女子と会話した貴重な思い出を語る。

秋山:中1のときに、基本女子と喋ってなくて、何カ月か経ったときに3人ぐらい女子がバーッて来て。おー、喋れんのかなあって思ったら、「秋山君、商店街に秋山君の入学式の写真が飾ってあったよ」って。

全員:(笑)

秋山:「え!?」ってなって。それで商店街を学校の帰りに見に行ったら、写真屋さんに思いっきり僕の入学式の写真が飾ってあって(笑)

蛍原:なんでや??(笑)

秋山:なんかお母さんと、写真屋の人が知り合いで。撮ったやつを見本としてショーケースに飾ってるんですよ(笑)みんなだいたい七五三の写真ばっかりなのに、僕ひとりだけ中学生ですからね(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

馬場の「女子との貴重な思い出」

馬場:同じ学年に、僕と同じ名前の「ばばさん」て女の子がいて。漢字が、僕は「馬」に工場の「場」なんですね。その子は「馬」に「傷」って書いて「馬塲(ばば)」って読むんですよ。

宮迫:へぇー。

馬場:で、帰り道で会ったときに、「あ、一緒の名前だね」って。「おれ、土へんだけど、にんべんだね」って。それで終わりました(笑)

秋山:それだけ?

馬場:それだけ(笑)

川島:結構いったよね。

馬場:結構いきました(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

山本の「女子との貴重な思い出」

山本:褒めてもらって嬉しかったのが、「山本と一緒だと掃除が早いね」っていう。

全員:(笑)

山本:それ言われて、おれ、生きていくにはこれしかないと思って、掃除をめちゃめちゃ早くするようになったんですね。最終的に「掃除大臣」てのに任命されたんですよ(笑)

宮迫:なにその「掃除大臣」て(笑)

山本:教室だったら、こことここに注意してください。サッシの裏とかこういうところに注意してください、ていうのを全部書いて、それをみんなにコピーして配って(笑)

引用元:『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人』2008年9月4日放送回

馬場のあだ名 その2

『アメトーーク中学の時イケてないグループに属していた芸人』の第2回にロバートの3人が出演。前回、当時の馬場のあだ名が「釣りジャン」だったことを明かしたが、もうひとつあったと話す。

馬場:あと、もう1個あだ名があったんですけど。「インディカ米」っていうあだ名で。

全員:(笑)

馬場:米問題ってあったじゃないですか。そのときちょうど家庭科でみんなでお米を持ち寄ってご飯を炊くっていうときに、僕んちはブレンド米だったんです。

全員:(笑)

馬場:細長い米が入ってて、それ以降「インディカ米」です(笑)

引用元:『アメトーーク年末ゴールデンSP』2008年12月30日放送回

山本の「入学式の思い出」

山本:入学式で隣にいた本田君ていう子と仲良くなって、「この後、遊ぼうよ」みたいな。で、家に来てくれたんですよ。で、普通にゲームとかして遊んでたんですけど、いきなりなんか、ゲームソフト盗まれまして(笑)

スザンヌ:ひぇー。

山本:僕、何回も電話もしたんですよ。「本田君ちょっと、ゲームソフト間違って持ってっちゃったりしてない?」って。盗んだだろ! とも言えないから。「いや、知らないよ」みたいなこと言ってんです。で、結局、うやむやになってしまって。で、夏休みぐらいに本田くん家に遊びに行ったんですね。僕、そのソフトの裏に「山本」って名前書いてたんですよ。そしたら、そのソフトがあるんですよ。えっ、と思ってパッて裏見たら、山本の「山」が黒く塗りつぶされてて、「本」の横に「田」って書いてあったんですよ。

全員:(笑)

山本:「本」を利用して。完全に僕が書いた「本」なんです、字が(笑)

引用元:『アメトーーク年末ゴールデンSP』2008年12月30日放送回

馬場の「入学式の思い出」

馬場:ガラの悪い学校で、僕が入学したときに、3年に柔道部で同じ馬場っていう苗字の、すごいヤンキーみたいな人がいたんですね。で、入ったときに「あれ? あいつの弟じゃね?」みたいになったんですよ。ちょっと一目置かれた存在みたいになって。

全員:(笑)

馬場:どうやら違うらしいぜっていう噂が、その3年の先輩に伝わって、僕がウソをついたみたいなことになって。

高橋:最悪や(笑)

馬場:その先輩が来て、「おれ、黒帯ぞ!」って言われて。

全員:(笑)

馬場:「えっ…、あなたと出会う前から僕、馬場ですけども…」って思って(笑)

蛍原:勝手に勘違いして進められてるのにね(笑)

引用元:『アメトーーク年末ゴールデンSP』2008年12月30日放送回

バレンタインデーの思い出

馬場:僕、小学校までは5~6個もらってたんですよね。

高橋:ええっ!?

馬場:そんときはみう天狗で、返さなかったりしたんですけど。いざ中学になったらなんか貰えなくなって、家に帰るのが恥ずかしくて。帰りに、チョコレートのアイスが60円ぐらいで売ってて、そのチョコを口の周りに付けて帰ったんです(笑)

YOU:かわいい(笑)それは家族に対して?

馬場:お母さんに対するアピールで、口の周りにチョコつけて(笑)

引用元:『アメトーーク年末ゴールデンSP』2008年12月30日放送回

秋山の「あの頃の自分へのメッセージ」

秋山:ショルダー。中学3年生のときに学ランの袖がパカッて外れてしまうんだけど、油断すんなよ、さらに肩幅が拡がるから、高3のときにもう1回別の学ランがの袖がパカッて外れてしまうからな(笑)そんで高3のときの修学旅行のとき、おまえぜん息なのに無理やり枕投げ参加してしまって、最終的に気分悪くなって吐いてしまうぞ。

全員:(笑)

秋山:参加するな。埃がないとこ行け、ぜん息だから(笑)

引用元:『アメトーーク年末ゴールデンSP』2008年12月30日放送回

ハマれない

『アメトーーク 中学イケてない芸人』の第3弾にロバートの3人が出演。授業やテストでのせつない思い出を語る。

山本:僕もテストのとき、せめて頭だけでも良くなりたいと思って勉強するじゃないですか。めちゃくちゃ勉強して、徹夜とかして挑んだんですけど、平均点そこそこで。先生に「おまえ、全然勉強して来てねえじゃねえか!」って教科書でぶん殴られたんですよ。

全員:(笑)

山本:あ、ヤバいと思って。授業中もその先生のときは一生懸命授業聞いてますよってアピールしたんですよ。そしたら、「おまえナメてんだろ! なに睨んでんだ!」って平手でバッチーンて。

全員:(爆笑)

山本:すっげー悪いやつだと思われてたみたいで。全然逆効果になって。

宮迫:ホンマに世の人たちに勇気を与えるわ。なんか、ありがとう(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

いきものLOVE

馬場:授業を受けるのがあんまり好きじゃなかったんで、休みの5分とか10分の間に、学校の裏に溝があって、溝の中にカニがいるんですよ。それをいっぱい集めてきて、引き出しの中で飼ってたんです。

全員:(笑)

馬場:で、授業中に2匹とか出して遊んでたんです。

観客:ひぇー…。

馬場:1回、カニがどっか逃げて、パニックになって、教室が。「誰だ、このカニを持ち込んだやつは!」って。僕、黙ってたんですけど、僕の近くに思いっきり爪がポロッて落ちてて。絶対あいつだ、みたいになって(笑)

秋山:馬場はそういうことばっかりやってて。朝礼のときに馬場を見たら、手が伸びてるんですよ。なにしてんだろうと思って馬場の手の先を見たら糸があるんですよ。糸の先に小っちゃいアリがいて。アリに糸結んで、散歩させてんですよ(笑)

全員:ええーっ!?

秋山:朝礼のときですよ。それで朝礼が解散したら、アリのスピードで帰ったんですよ。時間かかってしょうがないんです(笑)

蛍原:馬場ちゃん、すごいなあ(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

キョンシー

山本:夏休み明けにですね、クラス会みたいのがありまして、クラスでなんか演しものをやるんですけど、僕らがなんか、「キョンシー班」みたいなんなりまして。キョンシーをやるんですよ。中国の、ピョン、ピョンて跳ぶ。

優香:流行った、流行った(笑)

宮迫:『霊幻道士』のな。

山本:家で自分でメイクしてたんですけど、意外と様になってるんですよ。テンション上がって来ちゃって、全部衣装も着て、ちょっと外出てみたんですね。

全員:(笑)

山本:近所に公園があるんですけど、そこで小学校低学年ぐらいの子たちが遊んでるんですよ。キョンシーを本気でやってみようかなと思って、ピョン、ピョンて公園に近づいて行ったんですよ。そしたら一人めちゃくちゃいいリアクションする男の子がいまして。もうマジでキョンシーだと思ってるぐらいの感じなんですね。だからその子をどんどん追いつめてみたんですよ。面白くなっちゃって。

全員:(笑)

山本:ずーっと追いつめて行ったら、家のほうに逃げていくんですよ。ずーっとピョン、ピョンて追いつめて行ったら、急に家の中から木刀持ってきて、おれ木刀でボゴーンッて叩かれて。

全員:(笑)

山本:これ、殺す勢いだなと思って。キョンシーのルール無視して、猛ダッシュで走って逃げて(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

修学旅行の思い出

馬場:ヤンキーの間で、当時ボンタンが流行ってたんです。修学旅行に調子に乗ってボンタンをはいて行ったくせに、どうやら他の県からすげぇ悪いやつが来てるみたいな。「ボンタンはいてるとやられるらしいよ」みたいな噂があったらしく、「おまえ、ちょっと変えてくれよ」って言われて。僕、幅1メートルとかあるボンタンをはかされて。

全員:(笑)

馬場:で、お土産用としてお母さんにもらったお小遣いで、ズボンを買いに行こうと思って。服屋探して、なんかベルト付きの安いスラックスってあるじゃないですか。

宮迫:ああ、あるな。

馬場:あれを、持ち金全部はたいて買って、それはいて修学旅行過ごしたんですよ。で、お土産買うお金ないじゃないですか。だから、母ちゃんにお土産に、スラックスに付いてたベルトをあげたんですよ。

全員:(笑)

馬場:「京都に行ったのにベルト買ってきたの?」って言われて。「知らんよ、おれベルトがいいと思って買ってきたんだよ」って(笑)

高橋:やっぱりオカンにはちょっとえらそうなんやな(笑)

馬場:「京都のベルトよ!」って(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

お母さん、ごめんね

山本:修学旅行前にお母さんに1万円もらって、「みんなにお土産買ってくるね。なにが欲しい?」みたいな話をしてちょっと盛り上がってたんですね。で、修学旅行行って、自由行動になったときに、ゲームセンターに行って、遊んでたんですね。で僕、財布が邪魔だったんで、隣のゲームのイスのところに財布を置いといたんですよ。パッと見たらもうなんもないんですよ。

全員:(笑)

山本:周り見たら、ヤンキー3人組がちょっと僕のほうチラチラ見ながら笑ってるんですよ。絶対あいつら盗ったと思って。「すいません、こちらに財布ありませんでしたか?」って訊いたんですね。そしたら「おれら疑ってんのかよ、おまえ!」ってすごい勢いで来られて。もう言えなくなっちゃって「あ、すいませんでした」って帰ったんですよ。でも、親にあんだけ「お土産買って帰る」って言ってたじゃないですか。

蛍原:あー。

山本:どうしようかなと思って、結局家に帰ることになっちゃったんで、家で楽しみにしてたみんなが、「お土産は?」って言った瞬間に、「いや、もうそんなん買う歳じゃねーし!」みたいなこと言って。

全員:(笑)

山本:盗まれたっていうのもお母さんに申し訳なくて、言えなくて。結局自分の部屋行って、「お母さん、ごめんね…」ってちょっと泣いて(笑)

優香:かわいいー(笑)

高橋:お母さんはたぶん「こんな不良、初めて!」って(笑)

蛍原:全っ然、不良ちゃうよ(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

オオクワガタ

「中学の時に自分の1番イケてた瞬間」をそれぞれが披露する流れで、なぜか馬場は…。

蛍原:ちゃんとイケてるやつ聞かして。

馬場:男のロマン、ありますよ。中学のとき、夏休みと言えばクワガタ。僕、田舎だったんで、オオクワガタを捕まえたんですよ。

一同:おおー。

蛍原:オオクワガタ獲れへんよ、なかなか。

馬場:もう、売りに行けば10万とか。僕、クワガタとか好きなんで、毎日こう拭いてきれいに磨いてたんです。そしたらあるとき、オオクワガタが僕の指を挟んだんですよ。オオクワガタってものすごい力で、「痛タタタタタ!」って言ってたら、親戚のおばちゃんがたまたま遊びに来てて、キッチンばさみ持ってきて、オオクワガタのツノをバツンて切ったんですよ。

全員:ええーっ。

馬場:メスクワガタになったんです、オオクワガタが(笑)

蛍原:…いや、馬場ちゃん、イケてた瞬間をね、聞いてるの(笑)

優香:なにがイケてたんですか、今の(笑)

宮迫:なんでイケてる話にキッチンばさみ出てきた?(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

秋山の「あの頃の自分へのメッセージ」その2

秋山:ショルダー。おまえ今、中1か? 好きな子がいるな。けどな、何年かしてみろ。親父の引き出しから『肉体の門』ていうビデオを見つけて、おまえ突然、一気に性癖変わって、45歳以上じゃないと魅力感じない体になるぞ(笑)

引用元:『アメトーーク ゴールデン3時間SP』2009年10月8日放送回

チャンスをピンチに変える男

『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属してた芸人』の第4弾に、秋山、山本、馬場が出演。まずは山本が文化祭でのせつない思い出を語る。

山本:1回だけチャンスがあったんですよ。僕の友達が1個上の3年生で、ギターをやってまして。バンドに誘ってもらえたんですね。「文化祭でバンドやろう」って。

蛍原:それはすごいやん。

山本:周りのメンバーが1コ上の3年生の先輩で、ちょっと悪そうな人たちの中に混ざって、2年生で出れるかもしれないっていうんでものすごく練習してたんですけど。1週間前の音合わせのときに、僕だけリズムがずれてまして、クビになったんですよね。

全員:(笑)

山本:で、機材を運んだりとか、友達のために、やんなきゃいけなくなっちゃったんですけど、でもそれで貢献できればいいなと思ってたんですけど、その中の一番怖い先輩のドラムの、一番大事なスネアドラムを、破ってしまって。

一同:うわっ。

山本:12万円払わされました。

蛍原:マジで!?

秋山:中学で12万て…

宮迫:…そんなせえへんで。12万もせえへんで。

オリラジ中田:カモられたんですね。

一同:あ~。

山本:…でも、殴られなかったんで(笑)

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

馬場の趣味

馬場:中学のとき、家帰ってもすることなかったんで。変な趣味があったんですけど、野草をいろいろ集めてきて、ビンに水と一緒に入れて、棒で粉々に砕いて、フタを閉めて1カ月ぐらい放置するんですよ。で、それを家からちょっと離れたところに置いてるんですけど、学校終わった後、ずっとそれを嗅いでたんですよ、30分ぐらい。

観客:ひぇ~……。

蛍原:馬場ちゃんはホンマ変わってるよなあ(笑)

馬場:この匂いがたまんないってなって。行き過ぎて、最終的に生卵をプリンの容器に入れて、サランラップして、それが腐るの待って、それを学校から帰って夜な夜な匂ってたんです。

観客:ひぃ~………………。

馬場:それがたまんなくて。もう癖になって。そういう趣味があったんです(笑)

米倉涼子:………。

宮迫:おまえ、米倉さん見てみ、ガン引きやないか(笑)

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

とにかく腹が減って

馬場:あとなんか、お腹も減りすぎてて、中学のとき。腹がもうとにかく減ってるんですよ。給食食べても腹減って。

蛍原:育ち盛りやからな。

馬場:冷蔵庫にある大根を丸ごと1本食ったりとか。

全員:(笑)

馬場:島らっきょみたいな野草があるんですけど、それを100本ぐらい集めてきて家の鍋で茹でて、貪り食って(笑)

米倉:美味しいの?

馬場:いやもう、腹が減ってしょうがなかったんです。

蛍原:なんか入れたいねんな。

馬場:氷とかもどんぶり1杯ぐらい…。

米倉:氷??

馬場:普通の氷です(笑)

秋山:紙コップの自販機あるじゃないですか、イケてないグループ何人かで飲んだ後、氷を全部こいつが回収して、ガリガリガリガリ食ってんすよ(笑)

馬場:竹を切って、竹の中に入ってる水を飲みに行ったりとか(笑)

宮迫:雨水が溜まってんの?

馬場:なんかこれ飲んでちょっと強くなる、みたいな(笑)

宮迫:なにかで「強くなる」って読んだわけじゃないのやろ?

馬場:見たことないんですけど、「それ飲んだらおれ、強くなれる」って思って。

高橋:幻想や(笑)

馬場:あと、果実とか。

蛍原:果実を採って?(笑)

秋山:なんなんだよ、おまえのエビソード。気持ち悪りいよ(笑)

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

ドリームファンタジー

山本:あの、寝てて、あるじゃないですか。

米倉:わかんない。なに?

山本:その、夢見て、なってしまうという。

高橋:フィニッシュ?

山本:はい。ま、「ドリームファンタジー」的なものがあるじゃないですか(笑)

宮迫:まあ、な。

山本:そのドリームファンタジー的なことを目指して夢見てて。家庭科のおばさんパーマの、50過ぎの先生がエプロン姿で歩いてきて、僕を通り過ぎたら、後ろなんにも着てなかったんですよ。そこで僕ドリームファンタジーになってしまって。

全員:(笑)

山本:それを見たことで。フィニッシュですよ(笑)だから未だにその先生はまともに見れないですね(笑)

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

秋山の「あの頃の自分へのメッセージ」その3

秋山:ショルダー。卒業までどれくらいだ? 卒業式は、みんな部活の後輩たちに色紙を貰ったりだとか、友達同士で帰ったりするだろう。それ期待するなよ。実際はただお母さんとラーメン食って帰るだけだよ(笑)

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

馬場の「あの頃の自分へのメッセージ」

馬場:インディカ米。竹を切って雨水とか、川の水とか飲んでるよな。最近検査に行ったらな、ピロリ菌がいるんだって。絶対にそのせいだ。今すぐ飲むのをやめろ!!

引用元:『アメトーーク 秋のゴールデン3時間SP』2010年10月7日放送回

軟式テニスの存在意義とは

『アメトーーク 中学の時イケてないグループに属してた芸人~高校編~』にロバートの3人が出演。「高校を入学を機にイケてない自分から脱出作戦」のテーマでまず山本が語る。

山本:中学の時、軟式テニスをすごい頑張ってたんですよ。で、高校のテニス部の見学に行ったら、硬式なんですね。僕は軟式をめちゃくちゃ頑張ったんですけど、硬式と軟式って全然打ち方が違うんですよ。で、先生に「おまえなにやってた?」って訊かれて「軟式テニスです」って言ったら、「いやおまえ、軟式なんかやってねえほうがいいよ」って言われて。そんな部活ってあります??

全員:(笑)

山本:「硬式テニスのために軟式テニスやっちゃダメ」なんてことあります?? やってないほうがいいんですって。軟式テニスをやればやるほど硬式テニスが出来なくなるんですよ!やってないほうがいいなんて部活あります!? 硬式のためにまず軟式から子供たちは始めるのに。

宮迫:サッカーやるのに、前にフットサルやってても別にええもんな。

山本:そうです。野球も別に軟式でやってて、硬式になるのはいいじゃないですか。テニスだけやってないやつのほうがいいんですよ! そんなスポーツおかしいでしょ!

全員:(笑)

山本:たまにみんなでテニスしようってなったときに、やるのは絶対硬式なんですよ。だから軟式なんて全然出番ないんですよ!なんのために軟式やったのかまったくわかんないんですよ!(笑)

引用元:『アメトーーク 秋の3時間SP』2015年10月2日放送回

落ちる秋山

秋山:体育の授業で、高校から柔道が始まって。先生が絞め技をみんなに教えるってなって、一番近かった僕を呼んで、先生がこう絞めるんですよ。そしたら僕、体質的に落ちやすいのかもしれないんですけど、絞められて数秒でスッて落ちて。もう記憶にないんですよ。

全員:(笑)

秋山:で、また次の授業で新しい絞め技を、また「秋山!」ってなって、もう落ちやすいからマジでやめて欲しいのに、またやられて、すぐスーッと落ちて。年に3回落ちたんですよ、おれ(笑)

馬場:落ちたときに夢を見たらしくて。秋山、家に1回帰ったらしいんですよ(笑)

秋山:そうなんですよ(笑)

馬場:落ちた瞬間から家にいると思ってて、目覚めたら柔道場にいるんでパニックになって(笑)

秋山:「家から出ました??」みたいになって、「なに言ってんだ、秋山」「いや、おれ家帰ってたんだよ!」みたいな(笑)一瞬の間に家に帰ってて。

引用元:『アメトーーク 秋の3時間SP』2015年10月2日放送回

ロボット操作

山本:僕ら男子高だったんで、文化祭の時だけ唯一女子生徒が校舎の中に入ってくると。みんなもう必死なわけなんです。僕の科が電機科で、いろいろ候補があったんですけど、結局先生が「ロボット操作」っていうのに決めちゃったんですよ。ロボット操作に、女性が食いつくわけないじゃないですか。

全員:(笑)

山本:隣のクラスは、「僕らあんまりやる気ないから、休憩所みたいな感じでジュース出すことに決まりましたよ」って言ってて。僕らはロボットも作んなきゃいけないんですよ。そのロボットもそれこそAIBOみたいな女性が食いつきそうなやつならいいんですけど、なんか芋虫みたいな動きするやつとか、クモのやつとかなんですよ。

全員:(笑)

山本:で、結局当日、「ロボット操作やりませんかー」って呼んでも誰も来ないんですよ。僕らのロボット操作をみんなスルーして、隣の休憩所のドリンクサービスのところにものすごい女の子たちが行ってるんですよ。だからもうロボットなんか作らないほうが良かったんですよ! なんにもやんない方が良かったんですよ!

蛍原:またや(笑)

引用元:『アメトーーク 秋の3時間SP』2015年10月2日放送回

オカズ

「女子との触れ合いの思い出」のテーマで話すはずだったが…。

秋山:とにかくホントに彼女はできなくて。サッカー部のすごいイケてるやつの彼女がいて、たまたまこうブロック塀を越えるかなんかのときにその、パンチラを見てしまったんですよ。もちろんもう、帰ったら即座にもう、なんて言うんですか、オカズにするのは当たり前じゃないですか。それがもう強烈過ぎて。一番イケてるやつの彼女なんで。ずーっとそれで続けてて。

宮迫:「続けてて」??

秋山:冷静に考えたら、つい3年ぐらい前までそいつをオカズにしてたんですよ。

全員:(笑)

秋山:結局「もういいや、あいつにしよう」って出てくるんですよ、あいつが。

宮迫:秋山さん。

秋山:はい?

宮迫:…バカなの?

全員:(笑)

宮迫:聞いてる? 「女子と触れ合った話」やん。なんなん「3年前までオカズにしてた」って(笑)

引用元:『アメトーーク 秋の3時間SP』2015年10月2日放送回

山本の「あの頃の自分へのメッセージ」

山本:ヒロシ、おまえは高2の冬に女性とポケベルの友達「ベル友」ってのが出来るよな。その友達と半年ぐらい「おやすみ」とか「ただいま」「おかえり」ってやり取りして、なんだかんだ恋心が出てくるんだよな。で、おまえ会ったときに気づくんだ。その人、レディースの総長なんだ。

蛍原:ええーっ。

山本:ファーストキスはレディースの総長なんだ。でもキスはキスだ。よかったな(笑)

引用元:『アメトーーク 秋の3時間SP』2015年10月2日放送回

近代お笑い史の到達点、ドキュメンタル!

huluならお笑い番組も見放題!

huluはガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。

U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!