サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

天才ブラマヨ吉田の偏見と発想が面白すぎる名言集12選!

ブラックマヨネーズ吉田は、偏見やコンプレックスを笑いに昇華させる天才。ダウンタウンや明石家さんま、くりぃむしちゅーをはじめ、多くの先輩芸人からも実力を認められ、また同世代や後輩たちからも絶大な尊敬を集めています。それなのに、テレビで毒を吐くことをやめず、己の道を突き進む吉田。同期でありライバルのチュートリアル徳井はそんな彼を「野生の芸人」と評しています。

作らずとも、素の状態で面白いという最大級の賞賛です。

そんなブラマヨ吉田の面白すぎるボケやトークを書き起こしました。

ブラックマヨネーズ吉田のおもしろトーク、ギャグ、ボケまとめ

ライバル・チュートリアル

このへん!トラベラーにて大阪にて、ノンスタイルとチュートリアルの載った看板を見つけた吉田。

吉田:便所や!便所!

社交辞令

このへんトラベラーにSKE48の小野晴香がゲスト出演した際の発言

以前に共演した際に小野が発した「24歳になったら一緒に住みましょう」という社交辞令を間に受けた吉田は、24歳までの残り時間をしっかりカウントしていた。

吉田:4年あとちょっとやぞ!

男は顔じゃない

男は顔じゃない、中身で勝負だという、ブラマヨのリカバリー選手権のコーナーにて。

出演者の夏川純とのやりとり

夏川:顔じゃないですよ。男性は。心ですよ。

吉田:顔に自信ないってまだ言ってませんけど

王者

リンカーン「説教先生」のコーナーにて
登場シーンでリンカーンメンバーに放ったセリフ

吉田:M-1チャンピオンやからってあんまりうらやましそうな目で見てくんなよ!


苗字

吉田奈央というかわいいアナウンサーが登場してきた時に発言した言葉

吉田:あなた僕と同じ苗字ですが、僕と結婚してるんですか?

ライター

吉田が収録中にポケットに手を入れていたため、出演陣に「手出せよ!」と注意される。ポケットの中にはライターが入っていた。

吉田:僕の心はこのライター以上に熱く燃えていると言っていいでしょう!!

はんにゃ川島:言いきれや!

絶好調

黄金伝説でワカサギ釣りに挑戦していたブラックマヨネーズ。一日目の不調に対して二日目は順調の滑りだし。

吉田:昨日の夜の俺はもう家に帰ったってかあ!!

天才

黄金伝説でワカサギのカキアゲ作りに初挑戦したブラックマヨネーズの二人。吉田は失敗したのに対して、料亭並みのカキアゲを作った小杉に対して。

吉田:お前髪の毛はかきあげられへんけどワカサギのカキアゲは天才やな

vsももち

ほんまでっかTVにももちこと嗣永桃子さんが出演した際の発言。MCの明石家さんまから、「小指からビームがでるの?」という振り。もちろん乗っかる嗣永桃子。

嗣永桃子:こゆビーム!

吉田:たかしブロック!!

安田美沙子

吉田:ちょっと今日、『アッコにおまかせ』に出さしてもらってたんですけども。安田美沙子さんが、おれのこと好きっていうのがわかったで、今日。

小杉:(笑)…まあまあ、聞いてみましょうか。

吉田:出番直前、安田さんがこう歩いてるときにおれがここいて、パッておれに当たって、「あ、すいません」て普通すぐどくじゃないですか。それが「あっ」しばらく頬っぺた見て、「ああっ! すいません」ってなって、「今そうなったでしょ」「なってませんよ」みたいな。あの盛り上がり方は付き合う前!

小杉:おれ、ずっと横にいたけど、そんな盛り上がってたか? おまえが一方的にしゃべりかけて、「そんなないですよー」「ちがいますよー」「ないですよー」それしか言うてなかったで?

吉田:いやいや盛り上がったよ、あんな、40秒も普通盛り上がらないでしょ。

小杉:短いやん!(笑)「会話が途切れることなかった」言うけど、時間にしたら40秒ぐらいやん。

吉田:いやいや、おまえまさか。おまえ、安田さんから頼まれてんちゃうか。

小杉:なにが?

吉田:おれが、安田さんとこういうことあって、たぶん安田さんおれのこと好きやと。もし吉田さんがそんな話どっかでしたら、信じられへんから、「そんなことないよ」って言うてくださいよ、と。それでもまだ、わたしのこと吉田さんが好きって言うんやったら、わたし告白します…

小杉:病院行け!!

吉田:頼まれてんのか? なあ。

小杉:(笑)

吉田:あ、図星! 図星! 「なんでわかんの?」いう笑いやん。なあ! なあ!!

小杉:うるさーい!!

子供の頃好きだったアニメ

小杉:好きだったアニメは?

吉田:来た。『デビルマン』。これ、怖くて出来へんかったもん。デビルマンてな、こうやって(しゃがみこんでから手を拡げながら立ち上がり)「デッ、ビィール!」って変身するやん。

小杉:そやね。

吉田:あれ、おれでけへんかったもん。

小杉:好きやったらマネするやん。なに、怖くてでけへん、て。

吉田:いや、おれがデビルマンやったらどうすんねん。

小杉:はあ?(笑)

吉田:おれ思てた、子供の時。デビルマンの可能性あるぞって。だからおれはやらんかった絶対、ばあちゃん家でやったら、ばあちゃん家つぶれるやん、でっかなったら。

小杉:(笑)

吉田:ほんであれ、戻り方まではテレビでやってないし。

小杉:ああ、画面変わったらまた黄色いTシャツ着て歩いてるもんな(笑)

吉田:ほんでなんか、めちゃくちゃ覚悟決めて、空き地みたいなところでやったわ。

小杉:最悪、変身してもええように(笑)

吉田:そう。

小杉:おまえ、友だちおれへんかったんか(笑)

吉田:そんで、空き地で勇気出してもう、戻れへんかもわからへん、みたいな。

小杉:「もし変身したら、おれは明日からデビルマンとして生きていかなあかん」て(笑)

吉田:そう(笑)覚悟決めて。「デッ、ビィール!」ってやった。ほな変身せーへんやんか、「ん? おっ?」あとはもうやりまくりや、「デッ、ビィール!、デッ、ビィール!」

小杉:今まで我慢してきた反動(笑)

吉田:そう(笑)毎日、夕方デビルマンのアニメ見ながら「デッ、ビィール!」(笑)

ただただエロい話

吉田:ただただエロい話ですけど。北海道にね、マッサージからちょっとエッチ的なことに変わっていく、風俗があったんですよ。

小杉:おい!!(笑)…まあ、聞くわとりあえず。

吉田:そこはね、こっちが触ること禁止なんです。だからまず微妙な風俗なんですよね。マッサージがその代わりめちゃくちゃ本格的なんです。若い女の子でした。ちゃんとツボ押して、肩もちゃんと揉んで。それでだんだん向こうが、手でイジってきよるんですよ。たぶん、金払ってるからでしょうね。

小杉:(笑)

吉田:でもわたしも男性ですから、ニュウボウのひとつでも、さわらせてくれへんか、と言いました。

小杉:言いましょう、言いましょう。

吉田:向こうは服着てんねんで。

小杉:マッサージやからな。

吉田:おう。で、「それはだめだよ」と。「だってそれはコースにないでしょ」と。「いや、でも。もうええやないか」と。「なんで、ニュウボウのひとつも、ダメなんですか」と。「ナシとは言っておきながら、実際始まったらあると思うじゃないですか」と。

小杉:アハハハハハハハ。魂の叫びじゃないですか(笑)

吉田:それでも「ダメだよ!」と。そこでおれが言うたんが、

小杉:うん。

吉田:きみの彼氏がうらやましいわ!!

小杉:なんの話してんねん!

近代お笑い史の到達点、ドキュメンタル!

huluならお笑い番組も見放題!

huluはガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。



U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!