千鳥大悟&ノブ×志村けん 2018年始バカ殿での爆笑トークまとめ

2018年始に志村けんの超老舗、名物コント番組『バカ殿様』に千鳥が登場した回の書き起こしです。

レジェンド志村けんと若手のエース千鳥に夜おもしろい絡み8選

大悟:ほんとに去年はお世話になりました。

志村:いやいや、なにをおっしゃる。でも、よく呑んだなあ。

大悟:そうなんですよ。

志村:ノブは来ないな、呑みにな。

ノブ:いやいや。

志村:わしのことを嫌っとるのか?

ノブ:そんなわけないですよ(笑) 行きたいですよ。

志村:嫌いならどこが嫌いか言ってくれ、直すから…。

ノブ:いや言ってくれじゃないですよ(笑) 気にしすぎですから(笑) 大悟が誘わないんですよ。

大悟:いやいや誘うてんすけど、こいつ「いやいやちょっと志村さんはやめとこう…」って。

ノブ:言うか!(笑)

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

正月は来るの?

志村:ところで、そっちのほうの島には、正月は来るのか?

大悟:ほんとヒドい(笑) こないだも呑んでるときに「おまえ、島に正月はあんのか?」って訊くから「ありますよ」って言ったら、「島に餅はあんのか?」って(笑) 島にも餅はありますって(笑)

志村:なにやるの正月は?

大悟:な~んもやらないです(笑)

ノブ:すごいところですよ、瀬戸内海の北木島っていう。小学校の同級生が何人だっけ。

大悟:同級生が6人です。体育の時間にサッカーしたら3対3なんですよ。ほんでキーパー使ったら2対2になっちゃうんですね。ずーっとロングパスなんすよ(笑)

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

ファンタジーみたいな話

大悟:僕なんて子供の頃から、食べるもんも、ほぼ自分で獲ってましたから。

志村:自給自足か。

大悟:夜、真っ暗なんですよ島は。その真っ暗な中で親父が岩場で懐中電灯で照らしてるんですよ。この灯りだけを頼りに、僕が真っ暗な海の中に入っていくんですよ。

全員:ええーっ。

大悟:水の中の懐中電灯なんて、(手で円を描き)これくらいしか見えないですよ。そん中で魚とかサザエを獲りに行くんですよ。一回これマジなんですけど、寝てるボラが、僕に当たってきたんですよ。

ノブ:(笑)

大悟:いやホンマに、わしがこうやって魚探してたら後ろからコツーンて突かれて、パッと見たらボラで。ボラがマジで二度見したんですよ。

ノブ:するか!そんなもん(笑)

大悟:寝てたボラが僕に当たって、二度見して逃げて行ったんですよ(笑)

ノブ:なんかファンタジーみたいな話が多いんですよ、とにかく。

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

大きめのヒラメのおかげ

ノブ:なんか大悟は魚に助けられたこともあるって…。

大悟:これもだからホンマなんですけど、島なんでもう物心ついたときから泳げてたんですね。泳ぐ練習なんかしたことなくて、ふつうに泳げてたんです。それが小学校2年生の時に、普通にわーっと泳いでたら、足がつったんですよ。「これが溺れるって感覚なんや」って沈みかけたときに、大きめのヒラメに助けてもらったんですよ。

志村:ええっ?

ノブ:そんなわけないやん(笑)

大悟:バーッて沈んだときに、僕がヒラメを踏んだら、ヒラメがびっくりして、僕を陸のほうに「ちょん」と(笑)

ノブ:気のせいや(笑)

志村:助かったの(笑)

大悟:助かったんです。いま僕がここに座れてるのは、その大きめのヒラメのおかげです。

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

東京ドーム10個分の山

志村:ノブのほうにはそういう変わった生活はないの?

ノブ:僕んところはホント山奥で。

志村:正月は来るの?

ノブ:正月は来るんじゃ! 世界中どこにでも来るんじゃ、正月は。

大悟:なんで田舎には正月が来ないと思とる(笑)

ノブ:すごい山奥で、松茸なんかも食べ放題でしたし。うちの裏山は全部うちのものなんですよ。

志村:山ぜんぶ?

ノブ:そうなんです。オトウに聞いたら、42万平方メートルあると。東京ドーム10個分の山。

全員:へえーっ。

ノブ:持ってるんですけど、岡山って土地が安すぎて、「それ売ったらいくらになるの?」って訊いたら、「ゼロじゃ」って言うてたんです。

全員:(笑)

ノブ:42万平方メートルが「ゼロ」じゃ(笑)

大悟:一銭にもならん土地をめちゃくちゃ持っとるんです。

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

ノブのオカアのカレー

大悟:あと、ここのオカアのメシがね、ホンマにマズい!

全員:(笑)

ノブ:言うなよ!

大悟:最初、高校のときこいつん家に行ったときに、晩飯にカレー出てきたんですよ。カレーなんか逆にどうやったらヘタに作れるの?っていうもんやん。カレーがもうシャバッシャバで、「え? これ流行りって聞いたことあるスープカレーかな?」って思ったぐらい薄いカレーなんですよ。

ノブ:そうなんですよ。友だちが急に5人ぐらい来るからってオカアに言ったら、「わかったわかった、じゃあカレー増やしとくわ」って言って、ただただ水を入れたんです。

全員:(笑)

ノブ:シャバッシャバのが出てきた(笑)

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

ノブのオカアの朝飯

大悟:で、その日は泊まって、次の日の朝、朝飯食おうと思って、わしとツレとノブと、ノブのオトウがテーブル囲んでたら、ノブのオカアが、「はーい」言うて、カッチカチの小魚をテーブルの上にポロン、ポロン、ポロン、ポロンて置いてったんですよ。わしは、ほんまに箸置きやと思ったんです。

全員:(笑)

大悟:カッチカチの、魚のかたちした、箸置きが出てくる家なんやなと思いながらパッと見たら、ノブの親父がそれを食いだしたんですよ。「食うの! これ食うやつなの!」って。

ノブ:なんかメザシみたいなやつですよ。

志村:本当は焼くんじゃないの?

大悟:ほんでその後、みそ汁が出てきたんですよ。そのみそ汁も、お椀にもずくが山のように入ってて、そのもずくを一回取ったら汁がもうこんぐらい(ちょこっと)しかないんですよ。

志村:もうみそ汁じゃないね(笑)

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

ハエが寄ってきた

大悟:僕が最初に芸人になるって言って、こいつは就職してたんですよ。それを僕が誘ったんですね、芸人なろうって。こっちの親からしたら、許せないんですよ、僕のことを。せっかく就職したのに芸人に誘いやがって、って。ほんでうちの家にも電話かかってくる、わしに「おまえ次会うたらほんまぶち食らわすかいのう」って。

志村:ハハハハ。

大悟:そう言うてた親父が、ちょっとテレビ出るようになって、いっしょにこいつの地元に帰ったら、わしのこと殴る言うてたのに、(手の甲と甲をスリスリこすり合わせながら)「おまえならいける思うてたあ」って。

志村:この手はなんなの(笑)

大悟:ハエなんすよ。

全員:(笑)

ノブ:ハエじゃねえわ(笑)

大悟:こっち(手のひらを合わせてスリスリ)ならまだ人間ですけど、これしたら(手の甲を合わせてスリスリ)もうハエやから。ハエが寄ってきた(笑)

志村:面白いなあ(笑)

ノブ:手のひら返してましたねえ、たしかに。

引用元:『志村けんのバカ殿様 家族揃って初笑いSP』 2018年1月10日放送。

近代お笑い史の到達点ドキュメンタル!

Huluならお笑い番組も見放題!

Huluはガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。

U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!