サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

仲の良いコンビ芸人一覧!サンド、千鳥、おぎやはぎ 新時代のお笑いタレント像

仲良しコンビが台頭するお笑い界

サンドウィッチマン

https://www.instagram.com/p/BmCNBCTnMkX/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%9E%E3%83%B3

今年、お笑い界に激震が走った。

日経エンタテイメントによる毎年恒例の調査企画〈好きな芸人ランキング〉の2018年版で、昨年まで14年連続で1位だった明石家さんまの王座がついに陥落し、サンドウィッチマンが1位に輝くという予想外の結果となったのだ。

老若男女に愛される国民的お笑い芸人明石家さんまに比べれば、冠番組を多く持つわけでもない彼らがそこまで愛される理由はなんだろう?

ネタの面白さは確かに群を抜いているし、トーク番組でも面白く、ロケでの一般の方との触れ合い方もとてもうまい。

また、仙台出身のコンビとして、東日本大震災以降、地元のために様々な活動や復興の手伝いをしてきたことでも好感度は高いだろう。

コンビ仲の良さ

そしてもうひとつ、よく知られたサンドウィッチマンのコンビ仲の良さも、好感度を高めている要因のひとつだと思う。

高校の同級生で同じラグビー部だった伊達と富澤は今でもとにかく仲が良く、プライベートでも家族ぐるみの付き合いをしている。

『金曜ロンドンハーツ』のドッキリ企画〈振り返ればトミがいる〉は、富澤が神出鬼没に現れて伊達を驚かせるという企画だったが、伊達はひっかかるたびに爆笑し、大喜びしていたのが印象的だった。

千鳥

現在バラエティを賑わしている若手お笑い芸人には、仲の良いコンビが多い。

たとえば現在レギュラー12本、最もスケジュールが抑えられないといわれる超売れっ子の千鳥。

千鳥の2人も高校の同級生で、今でも関係は良好だ。

テレビのドッキリ番組で、大悟が居酒屋で後輩と飲んでいるところを隠し撮りする企画でのこと。後輩に「ひな壇に芸人がいっぱい座ってるときあるじゃないですか。誰が一番凄いと思いました?」と訊かれたときとき、大悟は迷わず「ノブ」と即答した。それほどノブを信頼し、才能を認めているのだろう。そしてもちろんノブのほうも、大悟を千鳥のお笑いの頭脳として信頼しリスペクトしているのは、テレビを通して見ているだけでもよくわかる。

ただし、忙しい彼らが現場から現場へ移動するときには、あえて2人は別々の交通機関で移動するようにしている。1日中一緒にいれば息も詰まる。お互い1人になれる時間をあえて作ってガス抜きをしながら、良好な関係を保っているのだろう。

三四郎

同じようなドッキリで、三四郎小宮が後輩と飲んでいるところを隠し撮りし、相方に対する本音を聞き出すという企画もあった。

そこで小宮は相田に対する不満として、「僕がひとりで出てる番組のオンエアを見てくれてないのが不満。僕は相田が出てる番組は全部見てるよ。だって友達なんだよ。気になんないのかなあ?」と本音を漏らしていた。わたしは小宮の言葉でこれほどグッときたことはない。

他にもコンビ仲の良い人気芸人は多い。

これまた好感度の高い博多華丸・大吉を筆頭に、その仲の良さがよく知られているコンビだけでも、和牛、ジャルジャル、ミキ、カミナリ、ガンバレルーヤ、ロバート、オードリー、アキナ、バナナマン、チュートリアル、スピードワゴン、タカアンドトシなど、枚挙にいとまがないほどだ。

コンビ芸人は仲が悪いのが普通だった

わたしはツービートや紳助竜介たちの漫才ブームの頃からお笑いを見てきているが、昔はコンビ仲の良さを前面に出している芸人なんて、見たことがなかった。

ダウンタウンが「お互いがどこに住んでいるかも知らないし、電話番号も知らない」「舞台に上がるまでひと言も会話をしない」とか、千原兄弟のように兄弟でありながらお互いの家に行ったこともない、中川家は楽屋で殴り合いになり、オリラジはラジオの本番中に口論し殴り合いになった、などというエピソードのほうがコンビ芸人としては普通のことだったのだ。

さまぁ~ず、おぎやはぎ

https://www.instagram.com/p/BkyPcE4DMpg/?tagged=%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%81%E3%83%BC%E3%81%9A

さまぁ~ずは「元祖仲良しコンビ」と言われるほど、コンビ仲の良さがめずらしい時代の存在だったし、おぎやはぎがコンビ仲の良さをネタにして独特の笑いのスタイルを生みだしたのも、あくまで仲の良いコンビ芸人のほうが少ないから成立したのだった。

時代の変化

だから現在の状況がちょっと信じられないほどだ。

時代の変化ということなのだろうが、仲の良いコンビ芸人は好感度が高くなる傾向になり、視聴者に支持され、番組やCMに求められるということなのだろう。

『今夜くらべてみました』の千鳥特集の回では、街頭インタビューで「千鳥のどういうところが好き?」と訊かれた女子高生が「仲が良さそうなところが好き」と答えていたのが印象的だった。これがまさに今の時代を象徴するお笑いファンなのだと思う。

丸裸にされるお笑い芸人

現代のお笑い芸人はネタの面白さだけで人気を維持できるわけではなく、バラエティ番組でエピソードトークが求められ、趣味や特技、家族や交友関係を公開したりと、プライベートまで当然のように丸裸にされる。

当然コンビ間の仲の良し悪しも丸裸にされる。

昔のように観客や視聴者が、芸人の表の顔しか知らない、なんていう時代は終わったのだ。

コンビの仲良しエピソードは面白いうえに心温まるものとして、好感度や人気につながっていく。

ガンバレルーヤ

ガンバレルーヤが一気にブレイクした要因は、失礼ながら決して本ネタの力ではない。

彼女たちが運命的な出会いから同居することになり、一緒にお風呂に入って一緒に寝て、時にはケンカもしてという、2人の姉妹のような仲睦まじさを前面に出したエピソードトークの面白さによるものだと思う。

彼女たちの代表作は「同居エピソード」という、これ以上はないほどの仲良しコンビ的エピソードであり、これが好感度を高め、一気に彼女たちをブレイクさせたのだろう。

にゃんこスター

しかし、何にでも例外というものはある。

にゃんこスターだ。

彼らは『キングオブコント2017』で披露したネタがウケまくって人気が爆発したが、後に2人が恋愛関係にあることを公表したことは、たぶん好感度にはつながらなかったように思う。

「別れるときは解散です」などという、恋愛関係ありきでお笑いは二の次みたいな発言が良くなかったのかもしれない。

コンビ間での恋愛となると、妙にリアルに想像してしまってネタが入ってこないという印象も多少なりともある。

やはり見ている側が共感しやすい「友情」ぐらいの仲の良さでないと好感度にはつながりにくいのかもしれない。

仲の悪いコンビ

そして現代においても、激しく仲の悪いコンビももちろんいる。

にゃんこスターとは真逆の男女コンビ、パーパーなどはその好例だ。

彼らは普段、一切口もきかないし、目も合わせない。ネタは星野が一人で書き、ネタ合わせも出番の30分前に1回しかやらないという。ネタ中のボディタッチも一切禁止である。

それであの面白いコントができているのもそれはそれで凄いけれども。

その昔、おぎやはぎがその仲の良さをネタにして笑いを取ったように、今は逆にパーパーのように激烈に仲の悪いコンビが、険悪なエピソードを語り、笑いを取るのである。

時代は変わるものだ。

お笑いと共感と感動

現状では残念ながらテレビのネタ番組は減りつつある。

テレビ向きのお笑いとして、実話エピソードトークやすべらない話が好まれ、素の表情を見せるドッキリが求められるなど、お笑いにリアリティを求める傾向は、お笑いの舞台の表だけでなく、舞台裏やプライベートにまで注目が集まる。

賞レース番組では、舞台裏で真剣な表情を見せる芸人たちが映し出され、喜怒哀楽の表情もそのまま流され、二人の関係性が紹介される。

今やお笑い芸人に対して求められるのは笑いだけではなく、共感や感動も求められているのだろう。

視聴者はやはり、ギスギスしたビジネスライクな冷えた関係のコンビよりは、お笑いで売れるためにお互いを必要とし、同じ目標に向かって熱い気持ちが通う、そんなコンビの姿を見たいのかもしれない。

そして未来のお笑い芸人の卵たちも、そんな熱いコンビの姿に憧れを抱いて、養成所の扉を叩くのかもしれない。

近代お笑い史の到達点、ドキュメンタル!

huluならお笑い番組も見放題!

huluはガキ使、にけつッ!!、たりないふたり、今夜くらべてみました、旅猿など人気番組を見逃し配信!

高画質でお笑いを楽しめます。



U-NEXTは漫才・コント動画充実!お笑い番組も見放題!

U-NEXTは人気芸人の鉄板ネタを集めた「ベストネタシリーズ」やライブを映像化した動画、ゴッドタンや旅猿など人気お笑い番組が見放題!