サイトマップ代わりに!おすすめお笑い番組一覧!

今一番面白いお笑い芸人ランキング2018 おすすめ芸人100組とその魅力を一気に紹介!

どうも、お笑い専門Webライターのgoroです。
子供の頃にツービートの漫才に衝撃を受けてお笑い好きになり、ダウンタウンにハマり、以降もボキャブラ天国時代やオンエアバトル時代、M-1、2000年代のお笑いブームなどを追いかけ続けてきました。
そのなかで、いちばんお笑いが面白かった時代といったら、――やっぱり今ですね。
これまでもずっと、お笑いに関してだけは「昔のほうがよかった」と思ったことがなく、つねに最新のお笑いがいちばん面白いと思ってきました。それはきっと、日本のお笑いが進化を止めず、つねに新たな笑いを創造し続けているからだと思います。
お笑い大国ニッポン。
お笑いの賞レースが日本中で話題の的となり、日々新たな切り口やスタイルのお笑いが生まれてくる。まったく、なんて楽しい国だろうと思います。

さて、ここでは大胆にも、2018年現在、「いま一番面白いお笑い芸人」をあえてランキング形式で、100組選んでみました。
選んだ基準は、ここ1年のあいだにテレビのネタ番組や賞レースなどで披露された、「ネタ」のみの評価としています。なので、テレビでネタを見ることがなかった芸人さんは対象外となっています。
わたしの個人的嗜好と独断によって、面白かったと思う順にランキングにしてみました。
われながら図々しく、恐ろしいことをやるなあという自覚はありますが、あまり目くじら立てずに、単なる興味本位で楽しんでいただけると幸いです。

 

お笑いライターが選ぶ面白い芸人ベスト100!

100位 四千頭身

2015年結成 ワタナベエンターテインメント所属

オールナイトニッポン0、略して、ANN0、の四月から毎週木曜日レギュラーで決定しました!! 毎週木曜日の27時からになります。 それともう一つ、FM FUJIで「四千ミルク」という冠ラジオも始まります!こちらは毎週水曜の21時から2時間公開生放送です。 どっちも聞いておくれよ。 メールも待ってます✉ . . #ANN #ANN0 #オールナイトニッポン #オールナイトニッポン0 #fmfuji #四千ミルク #ラジオ #二個もレギュラーもらえるなんてこんな素敵なことございませんわ #四月1週目からどっちもスタートです #頑張ります #久保田スラッガー

四千頭身 つづきひろきさん(@tzk4000)がシェアした投稿 –


ネタを書いている真ん中の後藤と、都築、石橋の漫才トリオ。全員21歳とまだ若いのに、上手いし、仕上がっているのに驚かされます。独特のローテンションなツッコミも面白いし、ちょっと変わったスタイルの新世代脱力系トリオ漫才です。

99位 インディアンス

2009年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属


ボケを機関銃のように連射する田渕は、面白いを通り越したしつこさが笑える芸風から、関西のザキヤマとも呼ばれています。あの爆発力がスゴい漫才をいつかM-1の舞台で見てみたいものですね。

98位 さや香

2014年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属


さや香は昨年の『M-1グランプリ2017』の決勝進出をきっかけに現在ブレイク中の漫才コンビ。向かって左がボケ担当の新山、右がツッコミ担当の石井のコンビで、新山のハイテンションなボケによる勢いのある漫才が特徴です。

97位 ルシファー吉岡

マセキ芸能社所属

結構ドギツいレベルの下ネタが多いので女性の方にはおすすめできませんが、わたしと同じく下ネタ好きの変態野郎の方にはおすすめです。『R-1ぐらんぷり』決勝にも3回出ていますが、あの大舞台でも堂々と下ネタを披露する神経はすべての変態野郎の星と言えます。

96位 しずる

2003年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

2018年4月11日「このしずるがすごい!」#しずる

スラッシュパイルさん(@slush_pile.live)がシェアした投稿 –


村上と池田によるコント職人。ネタはシュールなものから、演技力高めのもの、悪ふざけを延々繰り返すタイプのものまで幅広く、キングオブコントには過去4回決勝ステージに進んだ実力者です。

95位 3時のヒロイン

2017年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属


標準体型のツッコミ福田と、2人のぽっちゃりのゆめっちとかなでによる女性トリオ。
「アッハーン」のネタで現在プチブレイク中。その見た目の面白さだけではなく、ツッコミの上手さやネタの構成を、千原ジュニアや陣内智則が絶賛しました。

94位 オダウエダ

2013年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

いま一番おもしろい無名芸人を決めるサバイバル奮闘記、笑けずり。 去年シーズン1は漫才で今年はコント。 毎回招かれる講師にはジュニア、サンド、シソンヌ、ロバートなど屈指のコント師達。 普段見るだけじゃ考えへんような、作り手の考える細かいお笑いの部分。そんな授業がほんとに深い!おもしろい!!! そんな笑けずりも今週金曜日の生放送で終わる。。。 とにかくこの#オダウエダ に優勝してもらいたい。 ほんとにおもろい。リアリティな掴みから、一瞬でぶっ飛んだ設定へ。そして伏線を回収しつつツナガル衝動的なオチ。4分弱のコントはまるで一本の映画を観終わったかのような余韻を与えてくれる。悪魔のメルヘンジェットコースターコント。 つい熱く語りましたがお笑い好きのサブカル人間にはぜひ観てもらいたい大好きな番組です。。 #笑けずり #全話録画してあるよ #毎週削られとうとう3組 #ラスト4組全員おもろい #オダウエダの世界観ほんとすき #いっつも銃とかマシンガンとか爆弾でてくる笑 #いつかコントか漫才作ってみたい #おもろーなサブカル番組教えてください

mizuki yamamotoさん(@mikipuuuu)がシェアした投稿 –


元ヤンの小田とぽっちゃりでおばちゃんキャラの植田による、20代の女性コンビ。わたしはまだネタを2つしか見ていませんが、ありふれた日常の設定からいきなりSFアクションに展開する突拍子のなさがいたく気に入りました。手作りの小道具も素敵です。

93位 おとぎばなし

2013年結成 プロダクション人力舎所属


おとぎばなしは、二人とも異性と付き合ったことがない男女の漫才コンビ。よっちゃん(女)の恋愛妄想を花ちゃん(男)が褒めまくるほのぼのとした漫才に、ときどきエロ要素をブッ込んでくるのが面白いです。

92位 吉住

2014年より活動。プロダクション人力舎所属


2018年元日の『ぐるナイおもしろ荘』で一気に注目を浴びた女性ピン芸人。ダンボール製の「たっちゃん」にのめり込む娘という、ダークでエキセントリックで薄気味悪いネタでしたが、面白かったです。こんな常軌を逸したネタを量産してほしいものです。

91位 空気階段

2011年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

ぽっちゃりでボケ担当の鈴木もぐらとツッコミでネタ作り担当の水川たまりによるコンビ。超能力でモノマネを聞かせる「EXILEオーディション」や、録音した声がトシちゃんに変わってしまう「賄賂」など、突拍子もない設定のコントが爆笑必至です。

 

90位 セルライトスパ

2008年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

めっちゃ面白い! #セルライトスパ#面白い#声がいい

猿は食べ頃さん(@loakvena0703)がシェアした投稿 –


メガネのツッコミ肥後と、坊主の大須賀のコンビ。『ABCお笑いグランプリ2017』で見事優勝を果たしました。『M-1グランプリ2017敗者復活戦』で見た漫才が面白かったです。

89位 アインシュタイン

2010年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属


ボケの稲田の顔は、一度見たら一生忘れられないミラクルフェイス。今いくよ・くるよ師匠が初めて稲田の顔を見たときに「吉本の至宝」と名付けたほどです。関西ではすでに売れっ子で、第1回上方漫才協会大賞、第48回NHK上方漫才コンテスト優勝も果たした実力者です。

88位 ゆーびーむ☆

2015年より活動。マセキ芸能社所属


金髪と派手なピンクの衣装のギャル風ピン芸人です。彼女の決め台詞「この曲良くな~い!?」は昨年の流行語大賞にノミネートされるぐらい流行ると確信していたのに、どういうわけか流行らず、ゆーびーむ☆もそこまで売れませんでした。不思議です。

87位 ペコリーノ

2014年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

植木おでん(男)とクロコダイルミユ(女)による大学在学中のコンビ。もともと植木がミユを好きでコンビを結成したそうで、ネタも植木の願望そのままのような、ミユが植木を好きになったり、妙にボディタッチが多かったりする、ホンモノの変態野郎によるガチのセクハラコントが特長です。気分を悪くさせる恐れがあるのであまりおすすめはしませんが、わたしは大好きです。

86位 田中上野

2013年結成 グレープカンパニー所属


上野がギターと歌を担当し、田中が自作のフリップをめくっていくというスタイルのコンビ。ことわざをテーマにしたシュールなネタで、哀愁漂うせつない絵と展開が面白いです。《Abema杯第1回フリップ芸-1グランプリ》で見事優勝を果たしました。田中は漫画家としても活動し、『サラリーマン山﨑シゲル』という単行本が20万部を超えるベストセラーとなっています。

85位 大自然

2015年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

ポルノ超特急でネタしてるよー!!

大自然 白井さん(@s_baijing)がシェアした投稿 –


ボケの白井と、声の良い里のコンビ。ゆっくりとした間で、やさしく諭すようなツッコミが特徴の「癒し系漫才」。ネタも見た目もコンビ名も個性的な彼らは、1年目からTVで漫才を披露したほどの実力の持ち主で、先輩芸人たちが絶賛するほど独特で完成度の高い漫才コントをしています。

84位 モグライダー

2009年結成 マセキ芸能社


見た目通りのおバカで滑舌も悪いともしげを、イケメンの芝が調教師のようにリードしているコンビ。芝は「日本一練習しないお笑いコンビ」と自称し、その理由は「練習すると、ともしげがまったく面白くなくなるから」ということです。『ゴッドタン』の企画〈若手の間で「こいつは天才だ!」と一目置かれている芸人〉では、1位に選ばれました。

83位 ハリセンボン

2003年結成 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属


女芸人ではたぶんいちばん売れているハリセンボン。どんな場面でも春奈の「〇〇じゃねーよ」さえあれば笑いを取れるのは凄い武器ですね。二人とも、コメントをふられれば必ず面白いことを言うし、漫才も面白いし、女芸人の中では一番万能な2人だなと思います。

82位 にゃんこスター

2017年結成 ワタナベエンターテインメント所属


結成わずか5カ月で『キングオブコント2017』準優勝を果たした「リズムなわとび」のポップな破壊力は衝撃的で、大ヒットネタとなりました。二人とも一風変わった不思議なセンスを持っているので、新しいネタもぜひ見てみたいですね。

81位 アキラ100%

2005年より活動 SMA NEET Project所属

今や知らない人はいない裸芸人、『R-1ぐらんぷり2017』で優勝を果たしたお盆芸の達人です。その放送コードスレスレの芸については賛否両論がありましたが、なあに芸人にとっては、マジメな方たちからバカだの下品だの言われるのが勲章みたいなもの。誇りを持ってお盆芸を続けて欲しいですね。

80位 ANZEN漫才

2009年結成 浅井企画所属


日本中の老若男女に愛されているみやぞんと、その相方としてこれ以上ふさわしい人はいないあらぽんのコンビ。みやぞんは天然と天才のちょうど中間の人だと思います。ネタでは「刑務所から出所するみんなへ」が好きです。